2007年05月03日

Interactive Brokers 証券で、投資と両替・送金をする場合

 Interactive Brokers 証券(IB)で ETF に毎月投資すると、かなり手数料が安くて済むことを見てきました。
2007.5.1 http://otsu.seesaa.net/article/40471414.html
2007.5.2 http://otsu.seesaa.net/article/40569551.html
 毎月同じ銘柄を継続的に購入することになれば、ドルコスト平均法による投資になります。それよりも、毎回、違ったものを購入した方が楽しそうですし、真の意味で分散投資になるでしょう。
 さて、ここで、IB では、出金手数料が毎月1回タダになるということを利用すると、両替・送金の手段として IB を使うことを再度考えてみる価値がありそうに思いました。
 つまり、毎月 30-50 万円ずつの投資(ETF 購入)を継続する一方、たとえば、どこかのファンドを1万ドル買いたいというようなことになった場合、円を IB に入金して、IB 内で両替して、IB からドルを出金することで無料で自分名義の銀行口座に出金できます。そこで、その銀行からどこかに送金すれば、格安で両替・送金することができそうです。
 アメリカの銀行に口座を開設することも考えました。Union Bank of California (UBOC) に口座を開設すると、ここから米国内の銀行や証券会社に送金するには(ACH を使ってたぶん無料でできるので)便利です。しかし、UBOC から米国外に送金するときは、手数料が 50 ドルほどかかるようで、非常に高いです。ということは、米国外に送金するときは、HSBC 香港に出金し、ここから送金すればいいということになります。
 将来的に、どんなファンドが買いたいのか(買いたいと思うようになるか)わかりませんが、米国内に送金するケースもありそうなので、米国内に一つ銀行口座を持っていてもいいように思います。
 IB を、毎月の継続的な投資と、たまにドルへの両替手段として使うということなら、悪くない利用法かもしれません。
 こんなことを考えて、乙は IB に口座開設をしようと思います。
 IB に関する紹介は、WWW を探すといろいろあります。乙は、VMax さんのものがいいかなと思いました。
http://max999.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/interactive_bro_2342.html
posted by 乙 at 04:37| Comment(0) | TrackBack(0) | Interactive Brokers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。