2007年05月13日

Interactive Brokers での取引形態と両替

 Interactive Brokers (IB) では、WWW での取引の形態が、2種類あります。
 一つは、Trader Workstation (TWS) というものです。JAVA script で動くようで、幅広く何でもできるようになっているとのことですが、最初は JAVA のプログラムのダウンロードなどがあるので、起動に時間がかかります。その後も、けっこう起動が遅く、ちょっと使う気が起きません。使い方はむずかしいと思います。Excel の表みたいなのが表示されるだけで、そっけないインターフェイスです。また、ときどき、TWS のプログラムが変更になるようで、そのたびに約 10MB ほどのファイルのダウンロードが起こりますから、使い勝手はけっしていいとはいえません。
 もう一つが、WebTrader というもので、こちらは HTML 上で動作するもので、まあ、使えるように思います。ただし、細かい指定などはできないとのことです。どれくらい違うのか、調べてもいいのですが、どうせ乙は定型的な使い方しかしないので、こちらでも十分ではないかと思いました。
 さっそく、乙の口座残高を見ると、JPY 700,000 となっています。そこで、ETF を 5000 ドル分ほど注文してみました。注文が受け付けられます。まあ WebTrader の使い方は比較的簡単だなと思いました。
 しかし、ここで、はたと気が付きました。乙は、日本円を預け入れて、ドルで買物をしています。両替をしていません。心配になりました。ドルで買物をすると、自動的に日本円の口座から引き落とされるのでしょうか。それとも、勝手に 5000 ドルを借金した形になって、利息がかかってくるのでしょうか。(後に確認したところでは、後者です。)
 アメリカの証券会社では、口座残高がマイナスになっても大丈夫ということがあります。乙は、以前ブログ
2007.2.2 http://otsu.seesaa.net/article/32620299.html
で書いたように、これで一度失敗をしています。
 そこで、一応、この注文はキャンセルして、IB の WWW 上で日本円を米ドルに両替する方法を探してみました。残念ながら、自力では見つかりませんでした。
 WWW を見てもわからなかったので、メールで IB に聞いてみました。さっそく返事があり(こういうところは早いし、偉いです)、Trader Workstation (TWS) を使うしかないとのことです。やれやれ。
 さらに WWW をあちこち見ましたが、結局両替方法はわかりませんでした。
 ここで、「駒沢公園散歩人」さんが両替について書いていたことを思いだし、
http://komazawapark.blog99.fc2.com/blog-entry-8.html
を見てみました。そこに書いてあるとおりにやって、無事、両替ができました。
 いやはや、「駒沢公園散歩人」さんの記事がなければ、自力でこのやり方は見つけられなかったと思います。「駒沢公園散歩人」さんには大いに感謝しています。
続きを読む
posted by 乙 at 05:14| Comment(5) | TrackBack(0) | Interactive Brokers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。