2007年05月22日

多数の口座のパスワードの管理

 銀行や証券会社に口座を開いて、ネットでいろいろアクセスしていると、パスワードの管理がむずかしくなってきます。乙の場合、ネットで取引している銀行・証券会社が多数あります。
2007.5.21 http://otsu.seesaa.net/article/42399072.html
一つの口座で複数のパスワードを指定するときも多いので、パスワードの個数は数十個もあることになります。それ以外に、独立系のファンド会社など、ネットでアクセスするものがたくさんあります。それぞれにパスワードなどが必要です。
 こういうパスワードの管理は、どうすればいいのでしょうか。
 何と、パスワード管理に専用のソフトを使うという方もいらっしゃるんですね。
http://haisyatosyosyanogame.10.dtiblog.com/blog-entry-134.html
 乙の流儀では、パソコン内のファイルにパスワードを書いておきます。パスワードが書かれているファイルは単純なテキストファイルで、エディタで簡単に読めるようになっています。こうすると、パソコンを持ち運ぶだけで(あるいは USB メモリにファイルをコピーして持ち運ぶだけで)、ネットにつながるところならどこでも自分の口座にアクセスできます。
 ただし、そのファイルを他人に読まれてしまったら大変です。パソコン自体を盗まれるとかいうこともあるかもしれません。そうなると、乙の口座にある資金を盗まれてしまう可能性があります。しかし、単純なテキストファイルでパスワード類がすぐ読めることにメリットがあるのですから、ファイルを暗号化したり、特殊な操作をしないと読めないように工夫するのはよくありません。
 そこで、乙は、パスワードのつけ方を工夫しています。自分で確実に思い出せる文字や数字をいくつか決めておき、それらを組み合わせてパスワードを決めます。そして、テキストファイルには、たとえば「みずほ銀行 口座番号=○○○○○ PW=妻の旧姓+妻の誕生月日」などのように書いておきます。実際入力するときは「suzuki0815」のように入れるのですが、妻の旧姓も、妻の誕生月日も、絶対に忘れないでしょう(ホントかな?)。こうして、たとえば、「メールソフトの名前、息子の誕生月日、妻の実家の番地、前の勤務先の電話番号、前の住所の番地、母親の旧姓、……」などを組み合わせてパスワードを指定するのです。簡単なやり方ですが、これで、万が一ファイルを他人に見られてしまっても、たいてい大丈夫です。家族に見られるとわかってしまうと思いますが、まあ家族をそこまで信じられないということはないでしょうし、……。
 ネットバンキングするときは、このファイルを見ながら操作することになります。
 ところで、このやり方は、隠れたメリットがあります。それは、乙が死んだときです。妻や子供に口座番号などを全部知らせるとき、キーとなるいくつかの文字や数字を(遺言風に)書いておくだけで、あとは妻や子供が乙に代わってネットバンキングすることができます。オフショアファンドなどは事前にサイン入りの「解約」の書類を作っておかなければなりませんが、ほとんどの証券会社や銀行では、代理人がネットで操作しても資金移動ができるように思います。厳密にいえば(本人でないものが操作しているということで)違法行為ですが。
 もっとも、パスワード管理ソフトを使う場合でも、そのソフトのパスワードを家族に伝えれば、同じことかもしれません。
続きを読む
posted by 乙 at 04:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 金融機関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。