2007年05月26日

海外 ETF を売る気のない日本の証券会社

 乙は、鈴木雅光氏のブログを読んで、がっかりしました。
http://plaza.rakuten.co.jp/ismoney/diary/200705240000/
 日本の証券会社は海外 ETF を積極的に販売しようとしていないということです。証券会社がすすめるのは、手数料がっぽり型の投資信託でしょうか。商売としてはわからなくもないですが、投資家サイドから見れば、海外 ETF を買いたいと思うのも無理はありません。個人投資家としては、投資先の選択の自由があるのですから、それぞれの考え方で何を選んでもいいはずです。証券会社としては、何を聞かれても答えられるよう、自社で扱っている商品群くらい、一通りの知識を持っていてもらいたいものです。
 今、国内で購入可能な海外 ETF のカタログをまとめた方もいます。
http://blog.linux-soho.net/catalog_etf.html
 こんなにも多くの ETF が日本国内で買えるようになっているんですね。
 あとは、日本の証券会社の態度が変わることがポイントですが、さて、どうなることでしょう。
 乙は、日本の証券会社を見限って、アメリカの証券会社を使うことにしましたが、本当は国内の証券会社のほうが安心感があって好きなんです。でも、その思いは当分証券会社に伝わりそうにありません。
ラベル:証券会社 海外ETF
posted by 乙 at 04:12| Comment(0) | TrackBack(1) | 金融機関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。