2007年07月05日

パスポートの更新と HSBC 香港への連絡

 乙のパスポートは10年前に発行されたものだったので、有効期限が切れてしまいます。
 そこで、パスポートを更新することにしました。
 それ自体は普通の手続きなのですが、乙の場合、HSBC 香港を利用しているので、ちょっとした問題があります。HSBC 香港に対して、高額送金先を登録する書類を書くとき、パスポート番号を書く欄があるのです。(他にもパスポート番号が必要な書類があるかもしれません。)古いパスポートは有効期限が切れてしまうのですから、いつまでも古い番号を書くわけにはいきません。一方、新しいパスポートを入手すると、パスポート番号が変わりますから、新しいパスポート番号を HSBC 香港に知らせておかなければなりません。
 旧パスポート番号については、口座開設時に乙が香港にいって、HSBC 香港の窓口で行員が直接パスポートのコピーを取りましたから、そのときはそれで良かったのですが、今は特に香港に行く用事がないので、日本からその手続きをする必要があります。
 ところが、単に、新しいパスポートのコピーを郵送するだけではダメなようなのです。
http://blog.linux-soho.net/2006/11/hsbc_powervantageidentificatio.html
に詳しい説明がありますが、HSBC の東京支店で認証してもらわないといけないのだそうです。いやはやこれはめんどうです。
 しかし、まずは自分で試してみるべきだと思い、手紙と一緒に、新旧パスポート(旧パスポートには「VOID」と穴が開けられています)を並べてコピーを取り、それを HSBC 香港に郵送してみました。でも、3週間ばかりして、HSBC 香港から「証明がないから受け付けられない」という連絡がありました。
 う〜ん、残念。やっぱりダメでした。
 今度、乙が香港に行くときに、窓口で手続きしてきましょうかね。それまでに、特に、高額送金先の登録がなければ、あまり問題ではありませんし。
posted by 乙 at 04:02| Comment(5) | TrackBack(0) | 金融機関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。