2007年10月23日

中国株の乗り換え

 最近、乙は中国株を乗り換えることにしました。
 最初は、ユナイテッドワールド証券で中国の個別株をいくつか買って保有してきました。
2006.4.17 http://otsu.seesaa.net/article/16667817.html
 その後しばらく、乙としては、個別株投資を継続するべきか、ETF に乗り換えるべきか、迷っていました。
2006.11.3 http://otsu.seesaa.net/article/26682914.html
2006.11.4 http://otsu.seesaa.net/article/26736371.html
2006.11.5 http://otsu.seesaa.net/article/26796311.html
2006.12.12 http://otsu.seesaa.net/article/29466140.html
 それから、これらの株を HSBC 香港に移管しました。
2007.1.13 http://otsu.seesaa.net/article/31320494.html
2007.1.14 http://otsu.seesaa.net/article/31372057.html
2007.1.20 http://otsu.seesaa.net/article/31735618.html
 そのあとは、いつか個別株をやめて中国株の ETF にしてもいいと思っていたのですが、そろそろその時期かなと思って、最近、個別株から ETF への乗り換えを実行しました。
 そのようにした理由はいくつかあります。
 第1に、中国株の値上がりが続いたからです。
 乙が最初に中国株(個別株)を買ったのは、2005年1月のことでした。このときの金額を1単位と数えましょう。その後、2005年の5月ころに買い増して、当初の投資金額を2倍にしました。2単位購入したことになります。それをそのままずっと継続してきたところ、2007年10月現在では約6単位になっていました。平均で3倍になったわけです。中には、02600 チャルコ(中国鑢業)のように、5.6 倍になった銘柄もあります。(マイナスになった銘柄もあります。)3年弱で3倍ですから、中国株では相当な上昇があったことになります。こんなにも値上がりをすると、上がったものは下がるのではないかということで、だんだん心配になってきます。
 第2に、中国株が乙のポートフォリオに占める割合が大きくなったからです。
 最近も、乙の投資先を見直すために、ポートフォリオをチェックしてみましたが、
2007.10.15 http://otsu.seesaa.net/article/60730510.html
新興国株が高い比率になっていて、何とかここを減らしたいと思ったのでした。それには、乙の投資先の中で大きな割合を占める中国株を減らす必要があります。
 第3に、配当受け取り手数料の節約のためです。
 個別株を多数持っていると、配当金が振り込まれるたびに、HSBC 香港が手数料を 30 HKD 徴収します。
2007.3.30 http://otsu.seesaa.net/article/37213078.html
これがバカにできない金額だと思いました。
 こんなことから、6単位の中国株を全部売ってしまい、3単位分だけ、ETF (2828) を買うことにしました。こうして、中国株への投資金額を半分に減らしました。
 3単位分の現金は、中国株以外に投資することにします。これで、乙のポートフォリオが少しは理想に近づくはずです。
 3単位分を現金化したということは、当初の投資金額2単位は全部回収したということですから、中国株に投資を続ける3単位は、もう恐いもの知らずです。全部パーになったとしても、特に痛いわけではありません。ということで、気分的にずいぶん楽になります。
 乙は、今後も ETF で中国株に投資を続けることにしています。
 実際のところ、乙の予想では、中国株はまだまだ上がると思います。ですから、全資金を引き上げるというようなことはしません。2010 年の上海万博あたりが当面の注目時期といえるでしょう。しかし、その後もたぶんそのまま保有を続けると思います。
ラベル:中国株 ETF
posted by 乙 at 04:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。