2008年10月04日

リーマン・ブラザーズの破綻で個人投資家はどう動いたか

 NIKKEI NET で、個人投資家の調査をやっています。その(途中)結果がおもしろかったです。
http://markets.nikkei.co.jp/survey/
の「スタンス」のところです。(今後、投票が増えると、この数字は変わってしまうでしょう。)
 設問は、次の通りです。

サブプライムローン問題に端を発した米金融危機は、9月にはリーマン・ブラザーズの経営破綻を招き、金融不安に発展しました。その時、あなたはどういう投資行動をとりましたか(複数選択可)

 結果は、次の通りです。

17% 株式(投資信託を含む)に割安感が出ており、買い場だと考え積極的に買い増した
11% 株式(投資信託を含む)の保有を続けると損失が拡大するリスクがあると考え、損切りした
3% ドル急落など為替が不安定化したため、外貨建て商品の一部、あるいは全部を解約した
2% 円高が進み割安感がでたため、ドル建て資産のウエートを高めた
35% 情報収集に努めるなど、混乱収束を冷静に見守った
5% 金などの現物資産や債券、比較的高利の預貯金などへの「質への逃避」を強めた
26% 対応をとるべきと感じつつ、市場の動揺を前に何もできなかった

 回答者の人数が不明ですので、信頼性があるのかないのかもまったくわかりません。
 今回のリーマンの破綻は大事件でしたが、多くの個人投資家は冷静に行動しているようです。まあ、こんなものでしょうね。
 乙も、何も出来ませんでした。


posted by 乙 at 05:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 投資関連の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。