2009年07月20日

小銭使わなくなった? 硬貨流通6月0.8%減、電子マネー台頭

 乙が日経新聞で見かけた記事です。
 ネットでも一部が読めます。
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20090719AT2C1701O18072009.html
 消費低迷が原因か、電子マネーの普及が原因か、むずかしいところがありますが、買物で小銭を使う機会が減っているとのことです。
 ネットの記事では省略されていますが、新聞本紙ではもっと先があり、紙幣の流通枚数が減っていないことから、個人消費が低迷しているわけではないとしています。とすると、硬貨が減りつつあるのは、電子マネーの普及のせいだということになります。
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20090712AT2C1000I10072009.html
の記事によると、電子マネーの発行枚数は1億枚を突破し、年間の決済額が 2008 年度で 8172 億円となったことを述べています。今や電子マネーがずいぶんと浸透しているようです。
 もっとも、こちらの記事では、「1件あたりの決済金額は同5.2%増の732円。スーパーでの買い物などでの利用が増え、金額を押し上げた。ただカード1枚あたりの利用回数は月0.98回(3月)で「休眠カードが多い」(日銀)とみられる。」とあるので、1件あたりの金額は大したことがなく、いかにも小銭の代わりといった使い方のようです。「休眠カードが多い」というのは実際は使われていないということです。
 こんなことで、電子マネーは利用が増えてはいるものの、全体としてはまだまだといったところなのでしょう。
ラベル:小銭 電子マネー
posted by 乙 at 05:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 消費生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。