2010年03月14日

アメリカでの育児と仕事の両立

 アメリカでも、育児と仕事の両立はむずかしいようです。
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/2928
こういう記事を読むと、日本よりも一層大変です。
 低所得層から高所得層まで、それぞれの立場で苦労していることがわかります。
 どうしたらいいのでしょうか。いや、どうしようもないから苦労しているのです。
 子供や家庭のことを理由にした遅刻も早退も本人の勤務成績に関係して来るとなると、どうしようもありません。こんな状態で子育てができるというのが不思議なくらいです。
 アメリカにはアメリカなりの価値観があります(個人主義、競争社会、……)が、だからこそ、育児と仕事の両立がむずかしくなっているように思います。日本とは大違いです。
 今のままでいいのでしょうか。
 この深刻さはどう解決できるのでしょうか。
 日本はアメリカのマネをするべきなのでしょうか。
 いろいろ考えさせられます。
posted by 乙 at 08:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする