2010年07月15日

ビックカメラSuicaカードのオートチャージの変更(3)

 乙が経験したビックカメラSuicaカードのトラブルについては、以前のブログ記事に書きました。
2010.6.9 http://otsu.seesaa.net/article/152661514.html
 その後、3枚目の新しいビックカメラSuicaカードが郵送されてきたので、古いカードを返送して、カードの交換が済みました。
 で、JR東日本の駅のATMコーナー「VIEW ALTTE」を使ってオートチャージの設定の変更をしてみようと思ったのですが、またできません。3箇所ほどのマシンでやってみましたが、いずれもダメでした。

 その後、乙はビューカードの問いあわせ窓口に電話しました。
 オペレータの方が「カードの磁気が弱くなっているようなので……」と言いかけたので、乙は「そうではありません!」とさえぎって、今までの事情を話しました。何回カードの交換をしても、らちがあかないと思ったからです。
 新しいカードを発送する前には、もちろん、磁気が完全であることを確認しているでしょう。しかし、問題は、そこではないのです。オートチャージの設定変更をする際、途中まで操作すると、VIEW ALTTE がカードを返却してしまうのです。というわけで、乙は次のことを要求しました。
 新しいカードを乙に発送する前に、駅にある VIEW ALTTE で「オートチャージの変更」の操作をして、金額を入れる直前まで画面が進行することを確認してほしい。そこまで行ったら、そのカードを送ってほしい。

 乙は、そこまで行かないと予想します。たぶん、システムがおかしいのです。どこかが間違っているのです。もしかしたら VIEW ALTTE では変更できないようになっているとか、設定が異なるのかもしれません。
 それが確認できたら、システムを改修してほしいと思います。あるいは、正しい使い方について利用者に広報してもらいたいと思います。
 またまた、乙が持っているカードは使えなくなりました。
 今度、送られてきたカードに関して、VIEW ALTTE で動かない場合は、会社に乗り込んで直接苦情をいうしかありませんね。
 何だか、クレイマーのような感じになってきましたが、こうなると、乙としてはトコトン理由を突きとめたいような気分になってきました。乙と同じトラブルを経験している利用者がたくさんいるはずですから、このままではいけないと思いました。
続きを読む


posted by 乙 at 05:00| Comment(10) | TrackBack(0) | 消費生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。