2010年08月20日

中国での商売のやり方

 今や、中国がアジア経済の中心になろうかという時代になっています。
 日本人や日本企業が中国と関わりを持つことも多くなっています。
 しかし、中国に進出した人たちが全部うまくやっているかというと、必ずしもそうではありません。
 自分の能力のなさや計画のずさんさが原因ならばあきらめもつくのですが、中国には中国特有の問題があるようです。
 日経ビジネスオンラインでは、「「これからは中国」でホントに大丈夫?」という連載が始まりました。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20100816/215801/
 第1回は、中国に進出した日本料理店経営者の告白です。この記事を読むと、中国進出と一口で言っても、実際はなかなか大変な苦労があるようです。何よりも、古くからある慣習のようなもの(その中には白と黒の境界線上のものもあるでしょう)が関わってきます。そんなものへの対応など、日本人的感覚では考えられません。しかし、マフィアと公安への対応を間違えると命取りになります。
 中国でビジネスを展開している人たちは、こういう不条理と戦いつつ、中国への進出を果たしたわけですね。乙は、それだけでも素直に「エライ!」と思ってしまいます。


posted by 乙 at 05:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資関連の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。