2011年01月31日

大手銀行は日本の国債を売っている

 大前研一氏は、公社債の売買高でいうと大手銀行が売りに回っていると指摘しています。
http://www.ohmae.ac.jp/ex/kabu/magmail/index178.html
 国債の発行残高が極めて大きくなり、もう持たないと考えられているかのようです。
 国債は、いつ未達が発生してもおかしくないと思っていますが、理論では、リスクゼロと考えられているので、買い続けられている形です。
 しかし、本当は国債の売りが始まっているのかもしれません。
 代わりに外国債が買われているというあたりが不気味です。
 大前氏の記事はちょっと恐いものでした。今後とも、この傾向には要注意です。


ラベル:国債
posted by 乙 at 05:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 投資関連の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。