2011年04月21日

高齢者が働くと

 乙は、退職まではまだかなり時間があるように感じています。約10年くらいでしょうか。
 しかし、毎日仕事に忙殺される日々を送っていると、10年なんてあっという間かもしれません。
 退職した後は、仕事にしばられることなく、のんびりしたいと考えています。
 まあ、それくらいの蓄えは用意できるのではないかと思っているわけです。
 しかし、高齢になっても働くという人もいます。
 しかも、そういう高齢者が中心の会社があると聞くと、「ん?」と感じてしまいます。
http://diamond.jp/articles/-/11306
は、そんな例を報告しています。
 アメリカの会社ですが、80代、90代の高齢者を積極的に雇用しているというのは驚きです。
 アメリカには定年制がないため、こういう企業も存続できるのでしょう。
 日本は定年制がありますが、それは一方では年功序列と結びついています。だから、簡単に定年制を廃止できないと思います。アメリカでは、定年がないため、年功序列という考え方も根付いていません。だから、一方ではこういう高齢者企業という存在も可能になっているといえます。
 「高齢者にとって働くこと(の意味と目的)は、単にお金を稼ぐことだけでない。仕事を通して社会に貢献し、自分が必要とされる存在であると実感することが大切なのだ。」
 まあ、そういわれれば、そうかもしれないと思います。
 年齢を重ねると、体力的にきつくなります。「ちなみにこの会社で働くには従業員は19段ある階段を毎日最低1往復しなければならないが、「それができるうちは大丈夫」というのが社長の口癖だ。」とありますので、これで体力の有無を判断しているのでしょう。簡単明瞭な基準です。
 では、こんな会社があったとして、乙はそこで働くでしょうか。働くかもしれませんが、働かないかもしれません。
 お金が十分ある(普通に残りの人生を送るならば死ぬまでの生活資金は十分だ)というときに、働くかどうかは本人の価値観や仕事の中身によるでしょう。
 乙は、働かずに人生を楽しみたいという気持もある一方では、働くことで世の中に役立つ面もあるほうがいいのかなどとも思います。
 迷っています。
 まあ、結論を出すまで、10年考えてみます。


ラベル:高齢者 定年 働く
posted by 乙 at 04:56| Comment(4) | TrackBack(1) | 老後の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。