2013年02月14日

銀行の通帳を発見(続)

 昨日の話
2013.2.13 http://otsu.seesaa.net/article/322114670.html
の続きです。
 解約済みの通帳が発見されたのと合わせて、もう1冊の通帳が「発見」されました。
 インターナショナル口座というもので、海外の ATM から現地通貨を引き出せるというものでした。しばらく前に、半年ほど中国に行くことがあったので、こんな口座を作ったりしたのでした。
 実は、銀行から連絡があり、まもなく海外サービスが終了するという話でした。
 そこで、当時の通帳を探したというのが実態です。
 引き出しから通帳が出てきました。中を見ると、残高はン百万円ありました。よくまあこんな金額をここに入れておいたものです。
 さっそく銀行に行って、解約の手続きをすることにしました。
 銀行に行くとき、ハンコを忘れてしまい、自宅まで取りに戻らなければなりませんでした。
 その後、別の支店の口座を解約するために、本人確認が必要ということで、自宅まで免許証を取りに再度戻りました。
 窓口でも随分待たされました。全部で1時間以上、かかったように思います。
 まあ、自分のカネを守るということはこういうことだと納得して、手続きをしました。
 最終的には、口座の解約ができるということになりました。残額は、連結してある口座に入金してくれるという話です。
 ああ、よかった、時間をかける甲斐があったと思いました。
 「ちなみに、口座残高はいくらでしょうか。」
 乙は、期待をこめて窓口の係員に尋ねました。
 「6円です。」
 「えっ! たった6円ですか。」
 「はい、ずっと前に口座のほぼ全額が引き出されており、その後、利息分が口座について6円になっています。」
 ガーン。
 こんなに努力して6円をもらっても、うれしくありません。
 昔、全額引き出しをしたとき、口座解約にしなかったのは、この口座を次も使うことがあるかもしれないと考えた結果でした。しかし、かえって変なことになってしまいました。
 昔の自分が将来の自分に迷惑をかけたということです。
 口座の管理はきちんとしておかなければならないと自戒しました。
ラベル:銀行 通帳
posted by 乙 at 05:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資関連の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月13日

銀行の通帳を発見

 乙が机の引き出しの整理をしていたときの話です。
 とある銀行の通帳が出てきました。
 残高がン十万円あります。
 しめしめ。こんなこともあるかと思いました。この口座のことはまったく記憶にありません。支店名を見ても、どこにあるのかわからないくらいです。乙が何かの時に口座を作った支店がどこかの支店と統合したのでしょう。
 通帳の末尾は10年ほど前の記録なので、まずは、ATM で記帳してみようと思いました。何かの利息が付いているはずです。ところが、ATM では受け付けられないと出てしまいました。
 しかたがないので、窓口に行って確認しました。
 そしたら、何と、4年ほど前に解約されているということでした。
 今は、通帳なしでも口座の解約ができるのですね。
 残念な話でした。

 それよりも、解約した事実を覚えていないということの方が乙には驚きでした。
 そんなことがあるのですね。たった4年前のことでも覚えていないのです。

 このような状態で口座の所有者が死んでしまうと、残された家族にいい迷惑です。ン十万円の通帳が発見されて、小躍りして銀行に行き、いろいろ調べた結果、結局口座解約済みということでがっかりするはずです。
 自分のことは自分でしっかり管理しなければならないと思いました。家族に迷惑はかけられません。
ラベル:通帳
posted by 乙 at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資関連の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。