2015年12月25日

かんたん相続信託

 乙は、オリックス銀行が「かんたん相続信託」
http://www.orixbank.co.jp/personal/trust/inheritance/
http://www.orixbank.co.jp/personal/trust/inheritance/pdf/interest.pdf
というのを用意していることを知りました。
 これは、自分が死んだ後に、妻などに当面のお金を残しておける仕組みです。自分が死ぬと、預貯金や株などが自由に現金化できなくなるので、遺族(の一部)が何やかやと困ることになるかもしれません。
 もしかして、妻にこんなことでお金を残しておいたほうがいいのかと思って、聞いてみたところ、自分の名義で数百万円の預金があるので、乙の葬儀などには困らないという話でした。妻は自分で働いているので、そういうお金を持っているのでしょう。
 というわけで、かんたん相続信託を利用するほどのことはないという結論になりました。
 専業主婦の場合などはこういうのを利用することが必要な場合もあるでしょうね。


posted by 乙 at 05:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 老後の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月07日

HSBC 香港の口座にある現金が引き出せない?

 乙は、HSBC 香港に口座を持っており、ATM カードも持っています。
 先日、これを使って自分の口座から適当な金額の現金を引き出そうとしました。ところが、ATM が受け付けてくれませんでした。
 実は、外国に行ったとき、このカードを持参して、現地で現地通貨を引き出そうとしたのでしたが、うまくいかなかったわけです。ATM にメッセージが何も出ず、何が起きたのか、まったくわかりませんでした。
 帰国後、日本のコンビニにある ATM でもやってみましたが、やはりダメです。「Excess payment amount a transaction.」というメッセージが出るだけです。
 HSBC 香港に問い合わせたところ、2013 年3月から、引き出しの上限額をデフォルトで0にセットしてあるとのこと。ATM から現金を引き出すときは、事前にネットバンキングで上限額を引き上げておかなければならないという話でした。
 さっそく、パソコンで(セキュリティデバイスも使って)設定しました。これで今後は大丈夫かと思います。
 また、海外で現金を引き出すことになったら、出国前に念のために HSBC にアクセスして、出金限度額を確認しておかなければなりません。また同じことになったらたまりませんから。
 もしかして、数年間も ATM カードを使わないでいると、また限度額がゼロに戻ってしまうようなこともあるかもしれません。
posted by 乙 at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 金融機関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。