2008年06月24日

特定非営利法人 日本雲南聯誼協会

 乙は、収入の中のいくぶんかは寄付に回しています。
2007.1.2 http://otsu.seesaa.net/article/30693018.html
 最近、特定非営利法人 日本雲南聯誼協会というのがあることを知りました。
http://www.jyfa.org/
ここは、中国の雲南省の少数民族の子供たちに教育の機会を与えようということで、各地に小学校を建設するための資金援助をしています。
 乙は、雲南省とはまったく縁がないのですが、こういう活動には多いに意義を感じます。日本人にとっては大した金額でなくても、現地の少数民族にとってはかなりの金額にあたるようです。自分のお金がとても有効に使われるような気がします。
 そこで、6000 円を払って会員になりました。
 単純な寄付でも良かったのですが、会員になると、この NPO 法人の活動が手に取るようにわかる「会報」が送ってもらえますし、お金の使い道などを記した決算書も届きます。
 会費は寄付金控除にはならないはずですが、お金の使い道には納得していますので、乙としては寄付と同じように考え、たぶん、乙が退職するまで(あるいは死ぬまで)会員であり続けるだろうと思います。会費は1年間で 6000 円です。
 会費を支払うほかに寄付をしてもいいように思います。この点は、もう少しようすを見てから決めます。
2010.3.8 追記
 この話と関連することを
http://otsu.seesaa.net/article/143036613.html
に書きました。
 よろしければご参照ください。

2010.7.28 追記
 この話と関連することを
http://otsu.seesaa.net/article/157666032.html
に書きました。
 よろしければご参照ください。


posted by 乙 at 02:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 消費生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

最近、「たとえ5ドルであっても人のために使うお金は幸福感を増す」というハーバードの記事を読みました。

とてもタイムリーに感じましたし、素晴らしいことだと思います。お金の使い方を有意義なものにすることは、資産形成の目的としても重要ですね。
Posted by at 2008年06月24日 23:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。