2008年07月24日

アメリカのエージェンシー債

 ファニーメイとフレディマックが危ないという話は、ニュースとなって世界を駆けめぐっています。たとえば、
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080715-00000023-dwj-biz
という記事があります。
 さて、乙は、アメリカのエージェンシー債に投資しています。
2007.1.25 http://otsu.seesaa.net/article/32064138.html
そのときは、債券ならば、実質的にアメリカ政府が保証しているようなものだと思っていましたから、どのエージェンシーかということはほとんど無視していました。
 最近のニュースを見ると、ファニーメイとフレディマックには株価の大幅な下落があり、経営不振は明らかです。もしかすると、債券だって償還されない可能性があるのかもしれません。
 乙は、心配になって、自分の購入した債券の発行元をチェックしてみました。ファニーメイとフレディマックではありませんでした。これで一安心ですが、今から思い起こしてみると、ファニーメイは、買おうとした債券の中に並んでいたように思います。エージェンシー債ならば、それでも同じだろうということで、銘柄についてはまったく気にせずに選んでしまったので、もしかしたら、乙はファニーメイの債券を買っていたかもしれません。くわばらくわばらでした。
 もっとも、債券の償還まではまだまだ何年もありますから、他のエージェンシーがおかしくなる可能性もあるわけで、安心していてはいけないのかもしれません。
posted by 乙 at 04:11| Comment(7) | TrackBack(2) | 債券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お世話になります。
今回の件を端に、暴落を受けた場合、先進国グローバル債権、日本の国債はどのようになるのでしょうか?
Posted by おの at 2008年07月24日 07:55
おの様
 株の暴落と債券の関係はむずかしいです。
 一般に、株が暴落しても、債券は株よりも優先して償還されますから、利息が付いて返ってくるはずですが、企業が潰れてしまえば、債券も紙くずになってしまいます。
 「先進国グローバル債権」が何を指すのか、わかりません。先進国とグローバルは対立する概念かもしれませんし、債券と債権はずいぶん意味がちがいます。
 日本の国債は、外国の企業がどうなっても、直接的には関係ないと思います。政府の責任で(国債の購入者から)借金しているだけです。
Posted by at 2008年07月24日 08:25
はじめまして
私の所有していた米ドルMMFにも、フレディマック3.6%、ファニーメイ0.9%含まれていました。今後の話をきくと株価は下がったが、債権はさがってないので、両者の債権をはずす予定はないようです。保全という観点からは他のMMFにするか、短期国債にするか、外銀に定期で入れるかしないとと思ってます。
Posted by 名前語らず at 2008年07月24日 09:08
突然スミマセン。わたしはIVV+EEM+EFAで放ったらかしの世界株式投資を行っているのですが、昨日から今日にかけて(一昨日と比べてもプラス)、それぞれ3つのETFともプラスで引けたにも関わらず、証券会社の資産残高推移では前日比で大きなマイナスになっていました。為替レートも円安安定しているし、どうしてなのかわかりません。明日以降、証券会社に問い合わせるつもりではいますが、乙さんもインデックス投資を行っていると思いお尋ねするのですが、保有の海外ETFなどの評価額に誤表示(?)などしていないでしょうか?
Posted by NT at 2008年07月24日 22:51
NT様
 乙にはこういう経験がありません。
 もっとも、ETF の時価を毎日調べるようなことをそもそもしていないので、気が付くはずもありませんが。
 証券会社にお尋ねになった結果をお知らせいただけると幸いです。
Posted by at 2008年07月25日 03:58
書き込んだ後、別のblogで、isharesでいくつかの銘柄が株式分割されたことを知りました。ティッカーEEMで1:3の分割があったそうです。それにしても、分割後の価格が評価損(単純に3分の1)で反映されるなんて、ちょっとどうなのかな?なんて思ってしまいます(現在も正しく調整されていません)。週明けにもメンテナンスで調整されていなければ、問い合わせしてみます。その際、報告いたします。取り急ぎ失礼しました。
Posted by NT at 2008年07月25日 17:49
NT様
 あ、そういえば、株式分割のようなことがありましたね。
 これが原因ですか。ならば、原因がわかったことになり、ハッピーではないですか。
 乙が使っている Interactive Brokers は、何円(何ドル)でシェアをいくつ持っているので、時価総額いくらといつでも表示してくれるので、分割の話はまったく気になりませんでした。
Posted by at 2008年07月25日 23:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103471992
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Fannie Mae と  Freddie Mac
Excerpt: 今、世界の金融経済界で一番の話題と言えば、ファニーメイとフレディーマックです。
Weblog: レバレッジ投資実践日記
Tracked: 2008-07-25 05:45

米国債券投資戦略のすべて1/3 〜エージェンシー債
Excerpt: 10年以上前に発行された本、定価5300円の上に、2800円って貼ってある。借りた本なんだが 2800円でも俺は買わないだろうな。俺のBidは105円(税込み)。ま、軽く流しましょう。 各々のエージェ..
Weblog: 投資一族のブログ
Tracked: 2011-04-13 21:12