2008年09月01日

WisdomTree の Prospectus 2008.7.29

 乙は WisdomTree の ETF を購入しているため、しばらく前に、WisdomTree から Prospectus を郵送してきました。Prospectus というと、普通は目論見書のことですが、この書類は、実績報告書を兼ねているようで、WisdomTree が運用している各種の ETF の運用状況が一覧できるようになっていました。全部で 100 ページほどの書類です。
 この Prospectus は、ネットでも見ることができます。
http://www.wisdomtree.com/library/pdf/regulatory/WisdomTree-Domestic-Intl-Dividend-Prospectus-146.pdf
 実際は、乙が購入している WisdomTree Europe High-Yielding Equity Fund (DEW)
2007.12.27 http://otsu.seesaa.net/article/74870588.html
だけを見ればそれでいいのですが、せっかくなので、他の ETF のところも見てみました。
 p.75 では、Management Fee の一覧が載っており、Domestic Dividend Funds(アメリカ国内の ETF)では、0.28-0.38% なのですが、International Dividend Funds(アメリカ以外の ETF)では、 0.48-0.68% となっており、やはり、海外の方が何かと手数料がかかるんだということがわかります。
 それ以上に興味深かったのは、pp.95-100 の Frequency Distribution of Discounts & Premiums の一覧表でした。pp.95-96 の Domestic(アメリカ国内)のほうは、ほぼ 90% から 95% くらいが Net Asset Value から 25 Basis Point Differential のところに位置します。つまり、ほぼ、NAV のところで ETF の売買が成立しているということです。ところが、pp.97-100 の International(アメリカ以外)のほうを見ると、±25 ベーシスポイントの範囲は 30% くらいしかなく、それ以上のディスカウントあるいはプレミアムの場合がけっこう多いのです。
 ちなみに、WisdomTree Europe High-Yielding Equity Fund (DEW) のところ(p.97)を見ると、以下の通りです。(2007.4.1-2008.6.30)

ベーシス

ポイント差

市場価格がNAV以上市場価格がNAV未満
日数
日数
0-24.9
36
11.43
39
12.38
25-49.9
24
7.62
43
13.65
50-74.9
12
3.81
29
9.21
75-100.0
6
1.90
39
12.38
>100.0
8
2.54
79
25.08
合計
86
27.30
229
72.70


 というわけで、1日ごとに見ると、1%(100 BP)以上のディスカウントがあった日が 25% もあったのですね。実は、(結果的にですが)この ETF はお買い得のときが多かったというわけです。
 この 1% をどう考えるかということですが、やっぱり、お安いときに買うのがいいと思います。
 とはいえ、それをきちんと(リアルタイムに)調べるのはむずかしいですし、いろいろな ETF について、NAV を日々追いかけるなんて、そんなめんどうなことは個人投資家ではとうていできません。
 というわけで、乙は、ディスカウント(あるいはプレミアム)をあまり気にしないで買ってもいいのではないかと思っています。(甘いですかね。)
 1% のディスカウントの有無は、気になるといえば気になりますが、同様に、売るときも、これくらいの「誤差」はあり得るということです。
 アメリカで ETF に投資するときは、アメリカ国内の株や債券に投資する ETF を買うのがいいのかもしれません。


posted by 乙 at 04:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ETF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。