2008年10月02日

読者からの質問メール

 乙は、ブログの読者からメールをもらうことがあります。
 いろいろ質問してくる人もいます。個別の質問に乙が個別に回答するときもあります。しかし、中には、直接回答せずに、その内容を膨らませて乙のブログネタにする場合もあります。

 先日は、はじめての人から、こんな内容のメールをもらいました。
○○【乙注:具体的な金融商品名が入っていたが、省略】
についてどう思われますか?

 たった2行だけのメールでした。
 乙にとっては初めての人です。この人がどんな人か、今までどんな投資経験をしてきたのか、これからどうしようとしているのか、まったく説明がありません。
 特定の金融商品を取り上げて、その良し悪しを論じることはできないと思います。悪いことがはっきりしている(誰にもすすめられない)場合もあるので、ある程度、いえる場合もありますが、そうでもなければ、個人の状況の説明なしでは、良いも悪いもいえないものではないでしょうか。誰にでもおすすめできる金融商品なんて存在しないと思います。
 それに、たった2行で見知らぬ人に質問してくること自体、世間一般の基準から見て常識的な態度ではないように思います。
 乙が他人に質問するときだったら(実際、知らない人に勝手にメールで質問するときもけっこうたくさんあるのですが)もう少し言葉を尽くして質問するように思います。
 乙のブログは公開していますし、いろいろな人が読むものだとは思いますが、読者にもさまざまなタイプの人がいるのだなあと思いました。
 ちなみに、乙は、このメールを送ってきた人に
 私は、あなたのことをまったく知りません。
 そういう方から

>○○
>についてどう思われますか?

というようなことを尋ねられても、答えようがありません。

というメールを送りました。
 何も返事がありませんでした。(これは予想していたことでした。)


posted by 乙 at 04:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。