2008年10月15日

スーパーファンドの解約

 乙は、スーパーファンド(superfund B USD SICAV)を保有してきましたが、解約することにしました。
2008.9.3 http://otsu.seesaa.net/article/105933000.html
 9月中旬に仲介業者に連絡し、解約の意図を伝え、その後、解約の書類を書いて業者に郵送しました。
 9月30日現在で、無事解約できました。12,784.15 USD になった、という手紙が来ました。
 乙は、2005年11月に 10,450 ドル(450 ドルは販売手数料)を送金して、購入しました。解約時には、12,784.15 ドルですから、単純計算で 22% ほどの儲けが出たことになります。
 しかし、為替レートが問題で、2005 年には、だいたい1ドルが 120 円くらいでした。2008年9月末では 103 円でした。
http://www.aceconsulting.co.jp/kawasekinri.html
したがって、円で考えると、10,450×120=1,254,000 円が、12,784.15×103=1,316,767 円ということで、3年かけてもごくわずかの儲けにしかなりませんでした。まあ、マイナスにならなかっただけよかったというべきでしょう。
 スーパーファンド社からは、HSBC 香港の口座に送金してもらいました。10月8日に 12,777.06 ドルが入金されたことを確認しました。手紙で知らせてきた金額と 7.09 ドルの差があります。なぜこうなるのかはわかりません。これは、スーパーファンド社の送金手数料でしょうか。普通はそういうのを除外して計算書を送ってくると思いますので、ちょっと変です。もしかすると、HSBC 香港の入金手数料でしょうか。海外から入金があった場合に手数料を取るというのは、日本では考えにくいですが、香港ならばあるかもしれません。この点については、もう少し待ってみます。HSBC 香港からの報告書が来たら、そこに何か書いてあるだろうと思います。
 海外ファンドの解約の経験を積んでおくことにも意味があると思います。どうせ、老後はこんな解約をしながら生活していくことになりそうですから、どういうふうになるのか、知っておくことが大切だと思います。
 スーパーファンドの解約は簡単でした。同じ海外ファンドでも、Forsyth Global Commodity Fund の解約のときは、かなり大変でした。
2007.10.29 http://otsu.seesaa.net/article/63129141.html
ファンドごとにいろいろと違いがあるのでしょうね。
2008.10.17 追記
 その後、HSBC 香港から来た手紙によると、送金の手数料として 55.00 HKD にあたる 7.09 USD を徴収したとのことです。
2008.11.27 追記
 この話の続きを
http://otsu.seesaa.net/article/110251569.html
に書きました。
 よろしければご参照ください。
posted by 乙 at 03:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ファンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108093853
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック