2008年10月27日

海外送金は100万円未満にする?

 乙は、PALCOM さんのブログ
http://palcomhk.blog79.fc2.com/blog-entry-673.html
で知りました。
 今まで200万円を超える海外送金が国税庁に報告されていたはずですが、朝日新聞
http://www.asahi.com/national/update/1015/TKY200810150283.html
によれば、その金額が100万円になったとのことです。
 「国内の金融機関は今年から100万円を超える海外との送受金の記録を国税当局に提出することが義務づけられた。」とあります。
 最近、乙は、海外の資金を一部日本に環流させたのですが、
2008.9.30 http://otsu.seesaa.net/article/107348016.html
2回に分けて、1ヵ月あたり1回のペースで(Interactive Brokers の送金手数料をゼロにするために)それぞれ200万円以下にして送金したのですが、100万円を越えていました。
 PALCOM さんのブログ記事によると、200万円が100万円に変更されるのは、平成21年4月1日からのようですから、先だっての乙の送金は報告されてはいないようです。
 まあ、不正を働いたわけではありませんが、痛くもない腹を探られるのはいい気持ちがしません。
 来年4月からは、海外への送金も、1回は100万円以下にしておいたほうがよさそうです。
 もっとも、年間送金回数などもカウントされるようになると、別の意味で大変です。毎月1回、給料をもらうたびに送金するとして、年間12回です。子供が海外に留学している人などの仕送りなどでは、12回くらいの送金は当たり前にあるものでしょうね。こういうのがいちいち国税庁に報告されたら、事務処理が大変なことになるでしょうね。
posted by 乙 at 04:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外送金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108664384
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック