2008年12月17日

「なかのひと」によるアクセス数の統計(2)

 乙のブログはどんな人に読まれているでしょうか。
 「なかのひと」を利用して、以前にも調べたことがありますが、
2008.4.8 http://otsu.seesaa.net/article/92619450.html
だいぶ時間が経ったので、再度調べてみることにしました。
 「なかのひと」を設置してから約1年になりますので、ほぼ十分なデータが揃ったと思います。
 250 件以上のアクセスがあったものは以下の通りです。
アクセス数アクセス元
1395
日本IBM
1066
ソニー
883
日本電気
814
日本ヒューレット・パッカード
789
三菱UFJフィナンシャル・グループ
778
コニカミノルタホールディングス
732
東芝
695
富士通
527
KDDI
491
東電通
460
カシオ計算機
448
大塚商会
428
藤和不動産
387
沖電気工業
380
熊本ドメイン
380
ラティス・テクノロジー
380
大日本印刷
374
富士ゼロックス
373
東京エレクトロン
369
財務省財務局ネットワーク
355
扶桑社
354
ニコン
332
帝京大学
331
ANDERSON MORI and TOMOTSUNE
317
University of Michigan
310
ジェイ・スポーツ・ブロードキャスティング
301
理化学研究所
294
新生銀行
286
双日
284
日本経済新聞社
284
日本マイクロニクス
279
日本ユニシス
267
アレフネット
262
社会福祉法人聖隷福祉事業団
255
東京大学
251
セイコーエプソン

 前回の結果とかなり似ています。日本IBMとソニーが1位、2位を占めるところなどは変わりません。
 一方、三菱UFJフィナンシャル・グループが5位に入るなど、順位を上げたところもあります。
 380 回のアクセスがあった「熊本ドメイン」は、kumamoto.jp からのアクセスということでしょう。
 相変わらず University of Michigan が比較的上位にあることも興味深いです。
 なるほど、こういうところの人が乙のブログを読んでいるというわけですね。
2010.2.14 追記
 この話の続きを
http://otsu.seesaa.net/article/141075747.html
に書きました。
 よろしければご参照ください。


posted by 乙 at 05:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「中の人」アクセスランキング見させていただきました。

楽天ではアクセスログが提供されないのでアバウトなことしかいえませんが、似たものは見えてきます。

(1)情報・通信系の中の人が来るケースが多い
(2)東芝の中の人はたくさん来たが、トヨタはめったにこない。アクセス回数では日産>トヨタの感じ。
(3)富士通は他の会社に比べて残業が多そうなのが、アクセス状況から読み取れる
(4)大学でくくれば主だった大学はほぼ見たことがあるのに、上智は見たことがない。

関心があっても社内規定やネットワーク構造の問題があっても来ない! なんて類推もできてしまうようです。

Posted by プラチナヒルズ at 2009年02月07日 12:36
プラチナヒルズ様
 アクセスランキングは、たぶん、似た傾向のブログは似た結果になるのでしょう。
 それにしても、いろいろとアクセスログの中身をごらんのようで、これはこれでおもしろい話なのではないでしょうか。
 Seesaa では、こういう細かいアクセス記録は提供されていないと思います。
Posted by 乙 at 2009年02月07日 13:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。