2009年01月25日

岩田昭男(監修)(2009.1)『本気のクレジットカード選び 最強の2枚はこれだ!』洋泉社MOOK

 乙が読んだムックです。
 乙は、クレジットカードを1枚作ろうと思っているので、
2008.10.12 http://otsu.seesaa.net/article/107953170.html
本屋さんで見かけたクレジットカードの解説書という感じの本書を買いました。
 まずは、監修者の岩田昭男氏が総論的に書いています。
 p.3 上段 カード会社が入会審査時に利用者の年収に応じて支払い可能額を調査することになるのだそうです。そこで「たとえば、年収500万円の人なら、複雑な計算を経て限度額は、年間約100万円になる。」としています。「複雑な計算」のしかたは下段に書いてありますが、500万円の年収から生活維持費300万円を引いて、支払い可能額200万円を算出します。それに「大臣の定める係数」(仮に 0.5)をかけて、限度額100万円となります。この計算のどこがいったい「複雑」なんでしょう。乙は強い違和感を抱きました。
 p.3 上段から下段にかけて(先ほどの引用の続きです。)「100万円というと多いようだが、それは年間の額だから、たとえば、年の初めに100万円で自動車ローンを組んだとすると、その年はもうクレジットカードを使うことができなくなるのだ。」とあります。
 乙は、「年間の額」というのが理解できませんでした。たぶん、以下のようなことだと思います。
 毎月10万円をクレジットカードで一括払いで払っていく人の場合、10ヵ月経つと、100万円に達しますが、すると、11ヶ月目の10万円がカードで支払えなくなる(クレジット利用額の合計額が限度額)ということのようです。
 でも、毎月10万円ずつ口座から引き落とされていけば、クレジット利用残高はいつも10万円を越えることはないわけです。そんなとき、たった10万円の借金ができないなんておかしい話です。
 限度額というのは、総借入額のことではないのでしょうか。だとすると、この場合、10万円の借り入れがあるだけですから、11ヵ月目でも10万円のカード利用ができることになります。
 もっとも、100万円がカード利用残高のことだとすると、「年間限度額」という概念自体が意味がなくなってしまうのですが。(1年間の合計額ということは無関係に、任意の時点で利用残高が計算できるわけです。)
 このあたり、もう少し、丁寧に記述してほしいと思いました。
 p.7 最下段 「3万マイル以降は」→「2万マイル以降は」 こんな大事なところでミスプリがあるとは!
 p.10 ポイント付与率や現金還元率でチェックすると、一番いいカードは「P-ONE カード」だそうです。乙は、こんなカードがあるとは知りませんでした。
 p.21 年会費永年無料というプロパーカード(カード会社が単独で発行するカード)は、セゾンとライフくらいしかないとのこと。意外に少ないのですね。
 pp.40-41 京王パスポートカードは、PASMO にオートチャージするとポイントがたまると書いてあります。しかし、現在は「改悪」されて、ポイントがたまらないようになってしまいました。
 実は、乙は、PASMO を使っているので、京王パスポートカードを持っているのです。年会費 250 円がかかるのですが、PASMO オートチャージでポイントがたまるなら、こういうカードを使っていてもいいなと思ったのでした。その後「改悪」されたので、今は、京王パスポートカードは契約を解除してもいいと思うようになってきました。もっとも、SUICA の自動チャージ機能付きのクレジットカードで年会費無料のものはないようなので(ビュースイカカードも年会費が 500 円かかります)、単純な切り換えはしにくい状況です。p.47 によると、Yahoo! Japan カード Suica を利用すれば、2年目から年会費 525 円がかかるものの、前年1年間のカード利用が10万円以上ならば翌年度の年会費無料とのことなので、これを利用する手があるかもしれません。
 p.57 E-NEXCOpass の紹介が書いてあります。年会費無料(1度でも使えば翌年度も無料)で、ETC カードもついてくるというのです。乙は、ETC カードについても、あるクレジットカード会社と契約して、年会費 500 円を払っていることを思い出しました。こんなムダなことをやめて、E-NEXCOpass に切り換えればいいのですね。(2009.1.29 削除)
 こんなわけで、本書は非常に詳しくクレジットカード(電子マネーも含む)を解説しています。100枚近くのカードを紹介しているという意味でも、クレジットカードのカタログといえるものです。
 乙は、PASMO や ETC についても、クレジットカードを持っていることと同じなので、それらも含めた総合的なカード利用を考えるべきかと思いました。
 そのような「見直し」を考えるきっかけにもなるので、本書は便利なガイドブックということができます。毎年、こんなムックが刊行されているようですね。


2009.1.29 追記
 この話に関連するものを
http://otsu.seesaa.net/article/113328285.html
に書きました。よろしければご参照ください。


【関連する記事】
posted by 乙 at 08:17| Comment(7) | TrackBack(0) | 投資関連本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして
PASMO SUICAにオートチャージ可能でポイントが溜まってかつ年会費無料だと
ビックカメラSuica カードがお勧めですね。詳細は
http://www.swa.gr.jp/misc/bicsuica.html
が参考になります。

#拙いですが投資日記始めました
Posted by チキンハート at 2009年01月25日 16:31
私は会費無料のカードでポイントを貯めるためにLIFEカードとファミマカードを使っています。
LIFEは誕生月(ポイント付与率5倍)しか使いません。ETCカード無料です。
Edyによる収納代行が廃止されたので、ファミマカードで固定資産税や水道料金をコンビニ払いしています。このカードは基本がリボルビングになるのですが、カード契約時に銀行引き落としでなくコンビニ払いを選び、翌月に残額全額を支払っています。
私は通勤にJRを使いません。定期券を購入できるカードが私鉄の提携カードしかないので、私鉄の無料カードで定期券購入とPASMOオートチャージを利用しています。
クレジットカードのポイントが移行できるかどうかは「ポイ探」というサイトで調べられます。
http://www.poitan.net/
Posted by えんどう at 2009年01月26日 07:36
チキンハート様、えんどう様
 コメント、ありがとうございます。
 クレジットカードを調べ始めると、いろいろとディープな世界があるようですね。
 自分の今後のことも含め、ちゃんと検討してからカードを持とうと思います。
 今までがだいぶ安易でした。

Posted by at 2009年01月26日 09:03
1番得するクレジットカード 徹底比較 というサイトにお得なカードが載っています。
Posted by さぼ at 2009年01月27日 12:40
さぼ様
 クレジットカードについては、調べれば調べるほどわからなくなるような気がしています。
 まあ、乙の場合もそのうち時期がくれば、適当に判断しなければならなくなるのですが。
 それまで、せいぜいネットで様々検索して、どうしたらいいか、考えてみようと思います。
 ご紹介くださったサイトも、そういうことを考える上で参考になるサイトだと思います。
Posted by at 2009年01月27日 14:43
さぼさんがご紹介のサイトは私もよく見ていたのですが、ここに限らずインターネット上のクレジットカード比較サイトはアフィイリエイトで成り立っており、カード契約があると潤う仕組みになっているようです。したがって特定のカードは詳しく紹介されますが、逆にまったく紹介されないカードもあります。参考程度に見ておくのが良いかもしれません。他には2ちゃんねるのクレジットカード板も参考になりますよ。
Posted by えんどう at 2009年01月28日 01:23
えんどう様
 クレジットカードについて調べようとして、一部のサイトを見に行ったところ、確かに宣伝臭さを感じてしまう部分がありました。
 なるほど、おっしゃるような事情があるわけなんですね。
 まあ、いろいろ情報収集をして、それから決めるということにしたいと思っています。
 2ちゃんねるは、(議論の流れが錯綜していて)読んでいくのが大変なので、あまり読まないようにしています。
Posted by at 2009年01月28日 08:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。