2009年01月30日

円高はどこまで続く?

 円高は以前として続き、12月には87円台になってしまいました。
 乙は、ドル建て資産を保有している身として、大損失をこうむっています。
 しかし、円高であろうと円安であろうと、投資家の立場では、できることなんかほとんどありません。
 じっと我慢するばかりです。
 むしろ、円高の今こそ、円資産をドル資産にする時期なのかもしれません。(さらに円高が進む可能性もあるわけですが。)
 というわけで、乙は12月には1ドル86円で円売りドル買いの注文を出したのですが、それから約2ヵ月、なかなかこの線までの円高になりません。
 まあ、世界的な景気の悪化とそれにともなう株価の下落があり、今後もその傾向がありそうですから、株を買う気もあまり起こりませんが、それにしても、そろそろ両替しておきたいところです。
 ちょっと前には、年度末に向けて1ドル70円台になるとか、その先は50円までいくのではないかなどという憶測記事などを見かけたのですが、現実は、なかなかそこまではいかないものですね。
 為替の予測は難しいといわれますが、実感しています。
 あと2ヵ月くらいは、じっとこのままにしておこうと思います。86円、86円、……。

 参考記事:日本政府が円高を静観するワケ
http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20090121/183361/
2009.4.7 追記
 この話の続きを
http://otsu.seesaa.net/article/116987761.html
に書きました。
 よろしければご参照ください。



ラベル:円高
posted by 乙 at 07:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資関連の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。