2009年04月17日

さわかみファンドの「運用体制強化」

 4月15日付けのさわかみレポートを見ると、「運用体制強化のお知らせ」
http://www.sawakami.co.jp/report/latest/news090415.pdf
がありました。
 「運用体制強化」とは何でしょうか。常識的には、ファンドの運用体制を強化すると、ファンドの運用が改善され、基準価額があがっていくかのように思われますが、そんなことがあるのでしょうか。
 そんなことがあるなら、こういうことを仰々しく述べる前に、さっさと運用を改善してほしいものです。
 上記の文書を見ると、基本方針に変更がないと書いてありますし、澤上篤人氏が最高運用責任者(CIO)であることも変わらないとのこと。変わるのは、運用の担当者をひとり増やすことくらいです。これが「運用体制強化」なのでしょうか。
 似たような別の話ですが、世の中で「改革」というほどおかしなことばはなく、「改革」と称して「改悪」をすることもよくありますし、一面では「改革」であっても、別の面で副作用が生じるなどということもよくあります。
 さわかみファンドの「運用体制強化」も、同様の話でしょう。単なる「運用体制の変更」にすぎません。それが吉と出るか凶と出るか、わからないと思います。
 こんなことを「強化」と呼んでいるということ自体、さわかみファンドの信頼を失わせることかもしれません。
 乙は、さわかみファンドの将来性に、少しだけ疑問を感じました。

参考ブログ:
http://takaamahara.blog85.fc2.com/blog-entry-326.html



posted by 乙 at 06:22| Comment(3) | TrackBack(0) | 国内投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
息子が運用の中枢にきましたよ、ということでしょう。親子だからということは、あえて思わないようにはしているのですが、いわゆる同族経営でやりたい放題、結果運用も散々、と言うことにならないようにお願いしたいです。
息子さんの経歴実力は何も知りませんのでこれ以上のコメントは控えますが。
Posted by ひんべえ at 2009年04月17日 09:39
今度の運用体制、本当にひどい。いや、ひどいを通り越して、やっていることは小型株市場を崩壊させるという意味では犯罪に近い。龍氏がFMだったころのほうがまだマシ。源氏はやばすぎる。
ほんと、最近のさわかみファンドは腐ってしまった。底値で売って、高くなってからあわてて買い始めている。レポートをみてください。2ちゃんねるでは、3月上旬に多く買ったものの3月下旬には全銘柄売却したという話もあるそうです。(日本電工という銘柄です)
もう一度、澤上龍氏をFMに戻して、龍氏主導で運用する必要があると思う。
Posted by at 2009年06月19日 00:24
ひんべえさん
2ちゃんねる情報では、4月の体制強化は、実質上龍氏の更迭だと考えているようです。まだ、龍氏のほうが、犯罪的な運用がないだけ、マシだと思います。
Posted by at 2009年06月19日 00:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。