2009年07月23日

野村證券から「契約締結前交付書面」送付

 野村證券から「契約締結前交付書面」が送られてきました。
 取引のリスクなどを記載した書類を1年に1回送付するのだそうです。
 それにしても、変な制度です。当たり前のことが説明されている文書にすぎません。こんなものを毎年1回送るというのは余計なコストがかかるだけです。これは「金融商品取引法」の規定だそうですが、こんなことを法律で決めているなんて、日本はまるで後進国です。
 こういう書類を受け取って、乙は「そういえば野村證券に口座を開設していたなあ」と思い出しました。
2007.11.8 http://otsu.seesaa.net/article/65209533.html
 野村證券では、ずっと前に、「GSグローバル・マーケット・ストラテジー」などという変な投資信託を購入していたのですが、それを売却してからは、まったく取引がありませんでした。
2007.8.22 http://otsu.seesaa.net/article/52266643.html
 こういう状態も気持ちが悪いので、きちんと口座を解約しておこうと思います。
2009.8.4 追記
 この話の続きを
http://otsu.seesaa.net/article/124945680.html
に書きました。
 よろしければご参照ください。


posted by 乙 at 04:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 金融機関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。