2009年08月08日

妻の投資分の現在価格

 乙は妻の80万円を運用しています。
 そちらがどうなっているか、1年ほど前
2008.8.23 http://otsu.seesaa.net/article/105186996.html
と比較しながら見てみましょう。

HSBC ブラジルオープン 46,299 円→29,427 円
LM オーストラリア毎月分配型ファンド 124,627 円→101,431 円
エマージング・ソブリン・オープン 46,213 円→42,593 円
DIAMワールド・リート・インカム・オープン 94,084 円
→STAM グローバルREITインデックス・オープン 51,020 円
JPMF-JFアジア株・アクティブオープン 61,938 円→48,618 円
ソシエテ-SGロシア東欧株ファンド 39,297 円→17,223 円
三菱UFJチャイナオープン 88,241 円→76,622 円
SSGA 外国株式インデックス・オープン 45,308 円→30,436 円
ピクテ・ヨーロピアン 69,978 円→44,496 円
HSBCインド・オープン 135,132 円→103,356 円
MHAM 株式オープン 45,392 円→31,290 円
損保ジャパン−フォルティス・トルコ株式オープン 32,712 円→25,350 円
バンガード・スモールキャップ・インデックス 32,406 円→22,438 円
現金 4,435 円→3,774 円
合計=861,627 円→628,074 円

というわけで、見事に大きなマイナスです。すべての投信で全部マイナスというのは驚きます。昨年来の金融危機の影響の大きさがうかがわれます。
 もちろん、最悪期は脱したのですが、それでも、以前のところまでの回復ははるかに遠い状態です。

 さて、上の金額を、区分しながらカテゴリー別に集計すると、以下のようになります。
 SSGA 外国株式インデックス・オープン は、地域別に按分しました。

新興国株=48.2%
ヨーロッパ株=8.7%
アメリカ株=6.4%
日本株=5.0%
新興国債券=22.9%
REIT=8.1%
現金=0.6%
合計 100%

 いかにも偏っています。
 新興国株が多いのは、ハイリスク・ハイリターンをねらったものですが、結果的に(今の段階では)裏目に出て、見事に失敗しました。2008年秋の世界的急落を直接食らってしまいました。
 また、新興国債券も比率が高く、これまたよくないと思います。
 当面、ポートフォリオとしてどう補修・改善するかといえば、新興国債券を解約して、その分を先進国株に回すべきだろうと思います。また、新興国株をかなり解約して、こちらも先進国株に回すといいでしょう。
2010.4.10 追記
 この話の続きを
http://otsu.seesaa.net/article/146041086.html
に書きました。
 よろしければご参照ください。
posted by 乙 at 04:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 投資方針 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
長期的には、新興国株の上昇率が高くなるはずです。ですから、新興国株→先進国へのシフトはいかがかなと。

ただ、新興国株・債券投信ですが、アクティブ系が多いですね。これをパッシブ系にしてずっと保有されるほうがよいかも。

奥様には、ぽんと胸を叩いて、大船に乗ったつもりで、俺に任せておけば、大丈夫。とでも言われたらいかが?

そんな、乙さんを頼もしく思われるはずですよ・・きっと。少なくとも、私ならね。
Posted by osa at 2009年08月08日 12:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/125247422
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック