2009年08月13日

田中淳(2008.12)『中国ニセモノ社会事情』(講談社プラスアルファ新書)講談社

 乙が読んだ本です。「「ひ弱な途上国」の仮面を剥ぐ」という副題が付いています。
 中国ではいかにニセモノが横行しているかを丹念に追いかけた本です。絵画の贋作をはじめ、秋葉原流のメイド喫茶、即席ラブホテル、レンタル恋人、人口処女膜、大学入試のニセ成績など、驚きの連続です。
 中でも乙が一番驚いたのは、pp.141-142 に出てくる「レンタル悪女」です。離婚を幇助するというのですからすさまじいものです。もちろん違法行為です。レンタル悪女の多くは探偵会社に雇われた美人学生で、クライアントの多くは社長夫人です。こうして、レンタル悪女がターゲットの男を誘惑し、これで男が引っかかれば、高額の離婚慰謝料をもらって離婚することができるという話です。
 まさに中国には何でもあるという感じです。
 こういういろいろなことがビジネスになっているところがすごいです。中国人のたくましさを物語っています。しかし、多くの違法行為(あるいは違法すれすれの行為)が行われているわけで、中国はどうなってしまうのだろうと心配になります。こういう国に投資していていいのでしょうか。
 まあ、投資は、それなりのリターンがあれば、行ってもいいものでしょうが、こういう汚い側面を見せられると、投資意欲が減退します。




ラベル:田中淳
【関連する記事】
posted by 乙 at 06:02| Comment(1) | TrackBack(0) | 投資関連本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
またかとお思いでしょうが最近読んだ書き込みです。
彼らの行動原理を端的に表していると思いました。

----
【日中】中国撤退セミナーが盛況、日系企業のトラブル回避で[04/07] http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1239133041/798

798 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん : :2009/07/21(火) 23:12:58 ID:pxysmC8V

さて、ここに神を持たない民族がある。

彼らは人間の平等に関する何の根拠も持たない。人間の内部に尊重されるべき何かがあるとも考えない。

だから彼らにとって、豚や鳥と人間の間に何の哲学的差異はない。 食べて旨ければ食う。暇つぶしに痛めつけても何の良心の呵責もない。 たまに暴れてきたら宥めてやり過ごし、巣に宝物を貯め込んでいたら喜んで奪い取る。 我々が豚や鳥と約束を交わさないのと同じ意味で、支那人は人間との約束を守るつもりはない。

もし、君らの家の軒下にミツバチが巣を作り蜜を蓄えたなら、君らは煙で燻してミツバチを追い払い、蜜を収穫することができる。 支那人なら躊躇わずそうするし、相手が蜂ではなく日本人であっても、行動は同じだ。

道を作り整地して特区を作り、日本人が飛んできて大きい巣を作るのを待つ。 そうしたら煙で燻して日本人を追い払い、蜜を手に入れる。

別に日本人を蔑視しているわけではなく、支那人の感覚というのは万事その程度なのである。 悪意があってやってるわけではない。

漁師は悪意があって魚を穫るわけではない。 養蜂業者はむしろ愛情まで蜂に抱いているが、蜜は回収する。
Posted by えんどう at 2009年08月13日 13:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。