2009年10月24日

株を買うと会社にお金を提供することになるのでしょうか

 乙は、どうにもわからなくなってきました。
 日本では、個人が保有している金融資産が 1500 兆円(預貯金だと 900 兆円)とかあるわけですが、このうち 1% の15兆円でも株式市場に流れ込むと、会社に資金が回り、経済が活発に動き出すという話があります。個人資産がまるで凍結されたままなので、日本経済が動かないというわけです。
 なぜ、そういうことが言えるのでしょうか。
 もともとの株式(および株式会社)の仕組みからすると、みんなでお金を出し合って(その証拠として株券を受け取り)、そのお金で会社を作り、経済活動を行うということですから、よく理解できます。
 しかし、今のように株式市場が発達すると、個人が株を買っても、それは誰かが売った株を買っているだけですから、資金は株の売り手に行くだけで、会社にはまったく入りません。
 大量資金の流入で株式市場が活発化すれば、新規株式上場が増えるとか、新株発行で増資を行うとかいうことが起こると思うので、間接的には経済の活性化に役立つとは思いますが、それは、株式市場に流れ込む資金のごく一部でしかないように思います。
 資金の流入で株価が上がれば、株を保有しているのは会社が多いから、結果的に会社の資金が増えるということなのでしょうか。でも、保有している株価が値上がりしたからといって、会社が株を売ってその資金で「何か」をするものでしょうか。会社が株を保有している目的にもよりますが、日本では株の持ち合いがかなり多いような気がします。すると、株価が上がっても、すぐには売却には動かないわけで、「現金が増える」といっても、たかが知れているように思います。
 単純な疑問なのですが、ふと考え出したら、よくわからなくなってしまいました。
posted by 乙 at 05:00| Comment(10) | TrackBack(0) | 株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
新株や社債での資金調達が出来ますね。
保有資産が増加すれば銀行借り入れも増額出来るかもしれません。
色々とメリットはあると思いますよ。
Posted by 赤い彗星 at 2009年10月24日 11:27
赤い彗星様
 たしかに、社債は直接の資金調達ですから理解できるのですが、問題は株式のほうです。
 保有資産の上昇で銀行借入ができるというのは気がつきませんでした。
 他にどんなメリットがあるのでしょうか。
 ご存じでしたらお教えください。
Posted by at 2009年10月24日 12:43
株を購入する → 株価が上がる
新株発行時により多くの資金を調達できるということではないでしょうか?
Posted by なっきー at 2009年10月24日 21:03
なっきー様
 新株を発行する企業にはメリットがありますが、そうでない企業は、全然メリットにならないですよね。
Posted by at 2009年10月24日 22:34
会社が資金調達可能なのは新株発行の段階のみで、一度市場に流れてしまった場合には企業とは関係のないところで動いてしまっていると
思っています。

まあ、実際には発行株式の時価総額の話などがあるので、発行済み株式の株価がまったく企業に関係ないとは言えませんが
基本的にはどーなろうが、しったこっちゃないってことではないでしょうか
Posted by ぱお at 2009年10月25日 00:13
ぱお様
 やはりそうですか。
 乙の考え方と同じ意見ですね。
 ただ、本当にそれでいいのか、心配なのです。
 澤上さんなどは、株を買うことは当該企業に資金を提供することだとおっしゃっているようですし、……。
Posted by at 2009年10月25日 04:15
株購入->株価上昇->(格付け上昇)->低金利で資金調達

というのはいかがでしょう。
(低金利というのがポイントです)
株価は一種の信用なのかもしれません。
Posted by 通りすがり at 2009年10月25日 05:24
通りすがり様
 なるほど、低金利で資金調達というのは言えるかもしれません。
 しかし、株式市場への資金流入量と比べると、低金利で有利だといったって、たかがしれているようにも思えます。
 「株価は一種の信用」ということで、間接的な効果はありそうですが、……。
Posted by at 2009年10月25日 06:53
株価が下がると(そんな危ない会社の株は誰も買わないので)新株発行が難しくなるということだと思います
確実に成功するかわからないけど当たったらすごい新規事業を行う場合など 銀行からの資金調達が難しそうなときには新株発行が必要になるとおもいますので
Posted by hino at 2009年11月07日 21:42
hino 様
 やはり新株発行に結びつけた解釈ですね。
 株価が下がる場合も、程度によるので、一概に「危ない会社だ」とは断定できないように思いますが、……。
Posted by at 2009年11月08日 05:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/130964311
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック