2009年12月09日

COP15 の会議のゆくえ

 デンマークで、国連COP15の会議が始まりました。とはいえ、今後の見通しがよくわかりません。
 日本がひとりでCO2大幅削減の義務を負ってしまったら、日本経済がめちゃくちゃになります。
 今、climategate 事件も注目されています。乙は、事件の全貌がよくわからなかったのですが、具体的な記述があるサイトを見つけました。
http://www.chem-station.com/blog/2009/12/-climategate.html
 なるほど、これはだいぶひどいですね。こういうことだと、地球温暖化の議論は振り出しに戻りそうです。
 そもそも地球が温暖化していないとすれば、ここに至る膨大な議論はなんだったんだろうということになります。
 それにしても、データに基づいてグラフを書いたという場合、そのグラフの「正しさ」を誰も検証しないのでしょうか。そこがそもそも変だと思います。

 地球の温度変化は、さまざまな要因が絡んでいるものでしょう。CO2を減らすというだけでは、どれだけ効果があるかもわかりません。減らさないよりは減らしたほうがいいことは事実ですが、どれだけ減らせばいいかが決めがたい時に、各国の話し合いでお互いの目標を決めましょうなんて、ムダです。
 地球温暖化のことは、あまり大騒ぎせずに、なるようになるという態度でもいいのかもしれません。まあ、乙はこの程度でもいいかなと思っています。東京が暑くなってきたら、北海道とかに引越し、北海道が暑くなってきたら、カナダあたりに引越し、……というのでも別にかまわないのですが。
 地球全体を考えたら、アメリカと中国がどうにかするのが先で、日本は、その後から付いていく程度でもいいのかもしれません。世界の先頭に立って旗振りもいいのですが、それにしても、鳩山総理の主張・行動には何も中身がないような気がしています。
 総理の周りにはブレーンがいないのでしょうか。
2011.1.4 追記
 この話に関連することを
http://otsu.seesaa.net/article/178281623.html
に書きました。
 よろしければ御参照ください。


posted by 乙 at 05:21| Comment(1) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご存知とは思いますが、鳩山国連演説の前提は「米中がやるなら日本もやるよ」というものです。
CO2と温暖化に関してはもともと1980年代から原発推進派が主張していたことで、私はインチキだと思っていました。
トレンドは寒冷化ですよ。
Posted by えんどう at 2009年12月09日 07:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。