2010年01月11日

HSBC 香港が eStatement を導入へ

 乙が利用している銀行の一つ、HSBC 香港ですが、eStatement を導入するようになったようです。
http://www.hsbc.com.hk/1/2/hk/personal/estatement
 今は、毎月、紙で(郵便で)取引明細書を送ってくるのですが、これを止めて、電子媒体に移行しようということです。まあ、時代を考えれば当然でしょうね。
 現在すでに「Automatic registration for newly-opened accounts」だそうですから、新たに口座を作ると、eStatement にならざるを得ません。以前からの利用者は、自分で手続きをしないと、eStatement になりません。(そのうち、紙の取引明細書は有料になることでしょう。)
 他の金融機関でも、そういうやり方のところがありますが、乙の経験では、それで特に問題はありません。
 むしろ、紙だと保管場所が必要で、長期保存に向かないように思えます。電子的な記録ならば、死ぬまで数十年貯めても大したことはありません。
 それにしても、日本のメガバンクを見ると、いまだに通帳とハンコが基本ですからねえ。一体何をやっているのでしょうかねえ。
 電子媒体に不安を感じない人は、さっさとメガバンクに愛想を尽かして、ネットバンクに移行していることでしょう。


ラベル:HSBC香港 eStatement
posted by 乙 at 05:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 金融機関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
乙川さん

はじめまして。
いきなり質問させてもらってすみません。可能でしたらお答えいただけるとありがたいです。

私もHSBCでsmartVantage口座を持っています。毎月取引明細書が送られてきます。これが、現在無料のものが、今後、有料になっていく可能性があるということでしょうか?
現在でも国際郵便で送られてきて、料金が請求されるのではと思うと不安になっています。

Posted by kazuu at 2010年04月28日 05:55
kazuu 様
 はい、有料化されるでしょう。
 何と言っても、メールで電子的に送ることに比べたら、紙を送る方がコストがかかりますからね。香港からの国際郵便の料金はかなり安いものですが、どうがんばってもメールにかなうはずがありません。
 今は、statement は無料のはずです。いつから有料化されるのかは知りません。
 乙は、すでにパソコンの中に statement を貯めるようにしています。
 いつ紙が送られてこなくなってもかまいません。
Posted by at 2010年04月28日 07:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。