2010年01月30日

Wikimedia Foundation からのお礼のメール

 乙は、Wikipedia に寄付をしました。
2009.12.22 http://otsu.seesaa.net/article/136084335.html
 そのためでしょうが、Wikimedia Foundation の Executive Director である Sue Gardner さんからメールがきました。
Dear 乙彦,

Earlier this month, we completed the most successful fundraiser in the
history of Wikipedia. In total, we received more than USD 8 million from over
230,000 donors. Thank you so much for your generosity.
【中略】
Today, I am very pleased to share with you our Annual Report for the
time period of July 1, 2008 to June 30, 2009. During that time:
【中略】
For details, I encourage you to review our Annual Report, which
also includes our audited financials:

http://wikimediafoundation.org/wiki/Annual_Report

 これで寄付のレベルがわかります。23万人という寄付者の数もすごいですが、800 万ドルという寄付総額もすごいものです。全世界で見れば、多数の人の意思が働いていることがうかがわれます。一人あたりにすれば、平均 35 ドル程度ですが、人数が多くなると、合計金額は膨大なものになり、力を発揮するようになります。まさに、お金の力を感じさせます。
 また、このメールのように、寄付を受けた側が寄付者にきちんと報告することも望ましいことです。寄付者としては、自分のお金がどう使われたか(本当に有効に使われたか)を知りたくなるものです。有効に使われていれば、さらに今後の寄付を考える人も多いでしょう。
 今までは、こんな連絡でも郵便を利用したはずですから、コストがかなりかかったわけですが、現在は、(Wikipedia では当初から?)ウェブとメールによる連絡ですから、コストは相当に下がっているはずです。当然のことではありますが、新しい世界を感じさせます。


posted by 乙 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 消費生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。