2010年03月27日

積立投資がプラスになる

 乙は、2008年4月から妻のために毎月5万円の積立投資(投資信託による)をやっています。
2008.4.5 http://otsu.seesaa.net/article/92292888.html
この3月で約2年が経過し、120万円を積み立てたことになります。
 先日、残高をチェックしてみたら、合計金額が120万円をわずかながら越えていました。
 リーマンショックなどがあったのに、それを越えて、総額がプラスになったということで、ちょっと驚きました。今まで、ずっとマイナスだったのに、……。あ、いや、マイナスがいいといっているわけではないのですが。
 こうやって経験してみると、サラリーマンには毎月の定額積立投資が一番適しているようです。
 実際のところ、乙は身辺が忙しくて、自分の投資がうまく働いていません。いろいろやりたいことはあるのですが、時間がないのです。
 昨年11月に 85.5 円でドル買いを申し込んだのですが、4月1日には、その注文がキャンセルされてしまいます。結果的にその水準までの円高にはならなかったということです。4ヵ月なんてあっという間にすぎてしまいます。4ヶ月間、何も投資行動をしなかったわけではないのですが、予定通りにはできませんでした。

参考記事:
2009.8.14 積立投資の一部がプラスに
  http://otsu.seesaa.net/article/125661249.html


posted by 乙 at 05:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 国内投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まさに積立投資のドルコスト平均法と複利運用の力の賜物ですね。

ところで、5万円以上積み立てられる場合は、
海外のヘッジファンドを利用するのもよいと思います。

私は「フレンズプロビデント」の「プレミア」という商品で、
月々500ドル積み立てています。
関心のある方は以下のサイトが参考になるでしょう。
(「みんなの海外投資」http://www.minkaigai.com/archives/325

ポイントは何といっても国内の積立商品より利回りが良い点。
200本のファンドから10本まで組み込むことが可能です。
リバランスは自由で、手数料がかかりません。

クレジットカード決済ができて、
一部引き出しや増減額もできるので機動的です。
オンラインで資産状況を確認できる機能も便利なのでお勧めです。
Posted by 海外積立投資実践中 at 2011年07月06日 09:45
海外積立投資実践中様
 フレンズプロビデント社の積立投資については、考えたこともありましたが、乙は投資しないことにしました。
2006.8.26 http://otsu.seesaa.net/article/22817145.html
Posted by at 2011年07月06日 11:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。