2010年04月12日

電子書籍のコスト

 乙がネットの中で見かけた記事です。
 「岸博幸のクリエイティブ国富論」の中で、電子書籍のコスト(ただし、アメリカの例ですが)について言及されていました。
http://diamond.jp/articles/-/7841?page=2
 これは、なかなかおもしろかったです。推計値ということで、あまり信頼性はないとの断りが書いてありますが、そうはいっても、かなり真実に近いところだろうと思われます。ハードカバーの本の場合で、印刷/流通/在庫の費用は、実は大したことがないというのです。
 このコスト構造から考えると、電子書籍になったからといって本の価格が大幅に安くなることはなかろうということです。
 電子書籍の値段の設定は悩ましいものです。ずいぶん安く設定されている面もありますが、それは、どこかがそれなりの負担をしているのでしょう。
 世の中は、電子書籍の方を向いて動きつつありますし、パソコンIT信奉者は、ますますその方向を向いて旗を振っていますが、実際は、そう簡単な話ではなさそうです。


posted by 乙 at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。