2010年06月28日

イラク通貨でトラブル急増

 乙が日経新聞6月25日朝刊で見かけた記事です。
 ネット内に記事があるのかもしれませんが、見つからないので、以下に、一部引用します。
 イラク通貨でトラブル急増
 「購入すれば必ずもうかる」
 3月以降、相談など59件、生活センターが注意呼び掛け
 「イラク通貨を購入すれば必ずもうかる」などともちかけ、高額の契約料を取るトラブルの相談や苦情が今年3月以降、計59件寄せられていることが24日、国民生活センターの調べで分かった。被害総額はすでに9千万円を超えており、同センターは「イラク通貨は日本でほとんど取り扱いがなく、換金は困難」と注意を呼び掛けた。
【中略】
 「イラクから米軍が撤退すれば政情が安定し、通貨価値が20〜30倍になる」「両替すればもうかる」などと勧誘し、2万5千ディナールを1口10万円で契約させるケースが多い。
【中略】
 関税定率法で定める外国為替相場(6月20〜26日)によると、イラク通貨の為替レートは100ディナール=7.85円で、2万5千ディナールは本来、日本円で2千円弱。」

 こんな事件が起こるなんて、まさに驚きです。
 イラク通貨への投資を一概に否定するものではありませんが、こんな事件に引っかかる人は一体何を考えているのでしょうか。
 ディナールなんて、マイナーな通貨ですが、一体どうやって両替するつもりなのでしょうか。「業者におまかせ」なのでしょうか。
 それに、為替レートを確認しないで10万円を出してしまうのでしょうか。
 ネットで検索すれば、たとえば
http://iqdrate.com/
のようなサイトで為替レートがわかります。
 2000円弱の価値しかないものを10万円で買うということは、それだけで50倍です。「通貨価値が20〜30倍になる」としても、まだ損失が出ます。
 10万円を投資した人は、一体何を考えていたのでしょうか。
 乙のところに話がきたわけではありませんが、話を聞いただけで「おかしい」と思わなければなりません。
 ネットでは、25,000 ディナールを 7,700 円で売っている店があったりします。
http://www.iqd.jp/
別に、この店を推薦するわけではありませんが、10万円よりは 7,700 円のほうが安いので、どうせ買うならこういうところがいいでしょう。
 それにしても、こういう店がつぶれたら、手持ちのディナールはどうすればいいのでしょうか。日本円への両替が保障されていても、店がつぶれたら当然のことながら無意味になります。
 乙だったら、手を出さないでしょう。


posted by 乙 at 05:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資関連の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。