2010年07月29日

検索エンジン

 最近、日本のヤフーがアメリカのグーグルと検索分野で提携することがニュースになりました。
 その中で、乙がちょっと気になったことがありました。
 日経新聞7月28日朝刊3面に出ていたのですが、主要検索サービスのシェアを見ると、日本では、ヤフーが 53.2%、グーグルが 37.3%、あとはちょびちょびだというのです。
 このシェアは、2010年4月現在の話で、ネットレイティングスのデータを基に日経が推定したものです。
 ネット内を調べてみると、
http://find.accessup.org/kensaku/access_history.html
でも、ヤフーとグーグルが半々になっています。
http://www.webcreate.ga-pro.com/search.html
によれば、ヤフーが 63.3%、グーグルが 31.6% です(2010.7.28 現在)。
 ところで、乙のブログにも検索エンジン経由で訪問する人がいるわけですが、それはアクセス統計でわかります。
 ずっと前に調べたときは、
2007.11.18 http://otsu.seesaa.net/article/67005816.html
乙のブログでは 2006 年末ころにヤフーからグーグルへのシフトが起こり、その後は一貫してグーグルからのアクセスが大半を占めるようになっています。
 ちなみに、最近の例として、2010 年の6月の1ヶ月間の検索エンジン経由のアクセス統計(合計 9,388 件)を見てみると、ヤフーが 482 件で、グーグルが 8,741 件ということで、その他もちょびちょびありますが、ここしばらくの例と一致しています。比率でいうと、グーグル 93.1% なのです。
 日本全体の傾向と乙のブログの訪問者とでこんなに差があるとは信じがたいのですが、どうなんでしょうか。何か理由があってのことなのでしょうか。ご存じの方がいらしたらお教えください。
2010.9.24 追記
 この話の続きを
http://otsu.seesaa.net/article/163575641.html
に書きました。
 よろしければご参照ください。


posted by 乙 at 07:01| Comment(14) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
いつも楽しく拝見しております。
今日はちょっとは情報提供できそうなネタでしたのでコメントしてみました。

アクセスがgoogle一極集中なのは、2006年10月にブログ検索を開始していることから、これが契機になっているのでは?と思います。
http://japan.internet.com/busnews/20061019/5.html
Posted by SS at 2010年07月29日 08:47
SS様
 お教え、ありがとうございます。
 実際、そういうことがあるかもしれません。
 あまり古い情報は調べてないのですが、日常的な経験では、Google がブログ類を優先的に表示するわけでもなさそうだし、ブログ検索は、Google でも、Yahoo でもできることだし、……。
 というわけで、せっかくのコメントではありますが、グーグルのブログ検索が理由とはちょっと信じがたいような気がしています。
Posted by at 2010年07月29日 18:01
全般的に言って、Yahoo!の方が各種公式サイトの方が上位に来て、私人が作成したサイト(ブログ含む。)はあんまり上に来ないようなイメージがあります。

といっても、あくまでも私のイメージなので、全然あてにならないかもしれませんが。
Posted by 世界のREIT at 2010年07月29日 23:18
相性の問題だと思いますよ。
seesaaはとりわけスパムだらけなので
スパムフィルターにひっかかりやすいですし、yahooの評価との相性が悪いのでしょう。
Posted by sage at 2010年07月30日 00:51
世界のREIT様
 乙は、もう一つ別名で書いているブログがあるのですが、そこで使っているハンドルネームで検索して、各検索エンジンで何位に出てくるかを定期的に計測しています。2007.9 以降ですが。
 その結果によると、一般に Yahoo! のほうが順位が高く、Google は低い場合が多いようです。Google は、順位が大きく変動することが多いので、何ともいえませんが。
 というわけで、Yahoo! のほうがブログの順位が低いということはないように思います。
 もっとも、これは各検索エンジンにおけるブログのトップページの順位の問題で、個別の記事がどう評価されるか(何番目に出てくるか)はまた別の話ではありますが。
Posted by at 2010年07月30日 07:43
sage 様
 「相性」というのもあいまいな概念のように思います。
 seesaa にスパムが多いということは初めて知りましたが、だからといって、seesaa ブログで書かれている記事を全部低い順位に落としてしまっていいものでしょうか。
 検索エンジンを設計する側としては、そんな安易な態度は取らないように思うのですが、……。
Posted by at 2010年07月30日 07:46
はじめまして。
いつも楽しみに拝見させて頂いています。
このネタはテレビでやっていましたよ!

ズバリ、
Yahoo!よりGoogleの検索エンジンの方が優れているからだそうです。

では(^∀^)ノ
Posted by じゅんこ at 2010年07月30日 17:27
じゅんこ様
 Yahoo! より Google のほうが優れているとしても、そのことが、日本全体のシェアの差と乙のブログへのアクセスの場合の差の違いを説明できるでしょうか。
 乙には、どうもつながりが見えませんが。
Posted by at 2010年07月30日 18:12
このSEOブログを見ると過去も含めてヤフーからアクセスが少ないです。
http://www.jweb-seo.com/blog/wordpress/category/seo/access/

私自身のサイト運営経験では
ブログ:ヤフーのアクセスが極端に少ない
ホームページ:ヤフーのアクセスがGoogleより多い

経験則として現在のヤフー検索はブログ記事を特別評価しているようです。
Posted by たいしん at 2010年07月31日 00:30
たいしん様
 ご指摘のサイトも Google 圧勝ですね。
 まさに乙が疑問に思っている点です。

 ブログとホームページで検索エンジンの扱い方が異なるというのは、納得できそうです。
 もっとも、これが「現在のヤフー検索はブログ記事を特別評価している」ということにつながるかどうか、今ひとつよくわかりません。自分で Yahoo! で検索してみると、ブログ記事もあちこちのホームページも混じって検索されていますし、……。
Posted by at 2010年07月31日 08:18
投資や金融などに興味のある人が使う検索エンジンにグーグルが多いからではないでしょうか?

私自身、グーグルを使うのが当たり前(?)と思ってるのですが、仕事絡み(アパレル系)のブログ、HPのアクセスはヤフーが多いですね。こちらは、女性がメインのアクセスとなりますが。
Posted by oasis at 2010年08月02日 23:04
oasis 様
 おもしろい仮説です。
 しかし、それも当てはまりそうにないと考えています。
 実は、乙は、もう一つ、投資とはまったく無関係のブログを書いています。こちらはアクセス数が少ないのですが、7月1ヵ月間で検索エンジンからのアクセス数を計測してみると、

1 google   91.5% 1,627
2 yahoo_japan 6.3%  112
3 goo     1.7%   30
4 biglobe   0.5%   9
合計        1,778

ということで、これまた圧倒的に Google が優位なのです。
Posted by at 2010年08月03日 08:29
こんばんは。
私のブログはアクセス数が少ないので参考にはならないでしょうが、やはりグーグルの方が相性がよいようです。
G:Y=1364:267

ちなみにホームページでは、
http://www.geocities.jp/ryukunusamimi/
G*Y=483:372 です。

ヤフー関係のジオシティでのHPですので、最初のうちはヤフーが優位でしたが、少しづつグーグルが増えてきています。

なぜなのかは気になりますがわかりません。

Posted by うさみみ at 2010年08月04日 21:03
うさみみ様
 ブログとホームページで両方の検索エンジンのアクセス数が違うことを具体的な数値で示していただき、ありがとうございます。
 なぜかはわかりませんが、不思議ですね。
Posted by at 2010年08月04日 22:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。