2010年07月30日

中国格安航空 日本に就航

 日経新聞7月28日夕刊2面で見かけた記事です。
 中国の格安航空会社(LCC)である春秋航空が、上海と茨城空港を結ぶチャーター便を就航させたとのことです。今はチャーター便でも、10月以降は定期便に移行する計画だとのことで、中国人の日本観光旅行にはもってこいとなりそうです。
 チャーター便ですから、団体旅行客向けが原則ということになりますが、日本の個人客にも利用の道が開かれるでしょう。
 日経新聞の記事によれば、個人の片道で 200 元(約 2,600 円、税金は含まず)とのことです。さすがに LCC だけのことはあります。上海から日本まで飛んできてこの価格なのですね。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00181569.html
によれば、定期便化する際は、往復 4,000 円にしたいとのことです。
 こういう価格を聞くと、日本航空にしても、全日空にしても、高いなあと思ってしまいます。上海便は5万円前後ですし、国内を飛ぶだけで万単位の運賃ですからねえ。
 JAL も ANA もいらないから、世界の LCC に日本に乗り入れてもらって、国内線の運行もすべて任せてはいかがでしょう。観光客やビジネスマンたちの大きな味方になりそうに思います。
 あ、JRのグリーン車のような感じで、JAL 便や ANA 便を残しておいてもいいです。国会議員をはじめ、お偉いさん方がきっと利用するでしょう。文字通りのプレミアムシートが実現し、それなりの需要もあることでしょう。
 ベンツに乗ることが安全で楽でいい(それだけの金を払う価値がある)と考える人もいるでしょうが、一方では、クルマで移動できるならカローラで十分と考える人もいます。乙は、断然後者です。
 現在の日本の航空会社および航空行政では、そういう選択肢がほとんどない(ごく一部あるようですが)という点が問題です。

関連記事:
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100728-00000016-scn-cn
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0728&f=national_0728_034.shtml
2010.8.2 追記
 日経ビジネスオンラインに、関連記事がありました。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20100708/215337/


posted by 乙 at 07:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
乙川さん

すみません、メールが戻ってきちゃいましたので、こちらから再送しますね。

------
乙川さん

ワールドインベスターズTVの石田和靖です。
昨日はお忙しい中、ありがとうございました!
乙川さんにお会いできて嬉しかったです。

乙川さんのブログは、よく見ておりますよ!
あの、切れ味鋭い文体からは、想像もつかないほど、
優しい笑顔のおじさまで(笑)、なんかびっくりしました。

これからもどうぞよろしくお願いします!

それと、あのカフェでは、昨日のようなイベントのほかに、
毎週月・水・金の夕方、色々なゲストを呼んで公開生放送(通称:66ライブ)
なども行っておりますので、またふらっとお立ち寄りください。

僕は、水曜日・金曜日の夕方はだいたいお店におります。

それではまた!

昨日は本当にありがとうございました!
Posted by 石田和靖 at 2010年07月30日 13:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。