2010年08月13日

電気自動車の航続距離

 乙は、今乗っているクルマ(2003年購入)がいつまで持つか、いつごろ買い換えるか、少しだけ気にしています。少なくとも10年は乗るつもりで買いましたから、あと3年は今のクルマに乗るつもりです。
 3年もすれば、ハイブリッド車(HV)か、いっそのこと電気自動車(EV)かも、などと夢を描いています。
 そんな中、ダイヤモンドオンラインで気になる記事がありました。「走行条件によって大きく変わる電気自動車のタブー「航続距離」の正体」
http://diamond.jp/articles/-/9038
というもので、桃田健史氏の執筆によるものです。
 一番気になったのは、電気自動車は航続距離が意外に短いのではないかということです。聞いた話ですが、フル充電で 100km ないし 200km くらい走れるものと思っていましたが、条件によっては、70km くらいになってしまうというのです。これでは実用性に乏しくなります。1日数百キロくらい走ることはありますし、そのたびに給油ならぬ給電をやっていては、めんどくさいことになります。
 記事中の電気自動車のレースで「完走できないかも」などということばを見ると、いよいよ疑惑が高まりますが、それにしても、桃田氏は記事中に肝心要のレースの走行距離を載せていません。
http://as-web.jp/news/info.php?c_id=4&no=28144
によれば、1周 2.4km のコースを21周するそうですから、50.4km の距離です。これが完走できないということは、つまり、フル充電でも 50km が走れないということです。いやはや、いやはや。
 電気自動車の場合、ガス欠ならぬ電欠になったときでも、どこかで気軽に電気をもらってくるわけにいきません。ガソリンならば、近場のスタンドで2リットルか3リットルくらい買って、自分でクルマのタンクに流しこんでやれば、当面は動きます。あとはガソリンスタンドまで走って、そこで給油すればいいわけです。
 そんなことを考えてみると、電気自動車は、まだまだ発展途上の技術で、当面はハイブリッド車を考えておいたほうがよさそうです。


posted by 乙 at 05:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コストの観点から結論からいうと、2003年式の日本車であればよほどの過酷な使用条件でないかぎり、最低限のメンテコスト(タイヤ代、エンジンオイル代、2年毎の車検費用)があればあと10年位はもつと思います。

電気自動車が必要とするとする新しい電気充電インフラが日本各地にいったいどれだけ整備されているのか冷徹に確認してください。

まだまだまだまだ電気自動車なぞ時期尚早もいいとこです。ハイブリッドについても一般ユーザーであれば割高な初期投資を回収するまでにはかなりの年月を要します。

車の買い替えが必要であれば、コスト面から言えば、3年落ちの国産不人気中古車(登録車)を買う以外の選択肢は皆無です。
Posted by WATANKO at 2010年08月13日 23:31
WATANKO 様
 コメント、ありがとうございます。
 乙は普通にクルマに乗っているだけですし、走行距離は年間1万キロも行かないレベルなので、確かに、今のクルマがあと10年くらい持つような気もしています。
 慣れたクルマに乗るのが楽だという感覚もあります。(レンタカーなどは乗りにくいですよね。)
 とはいえ、いろいろな新しいクルマが登場してくるとなると、そちらにも気を取られるということもあります。
 コスト面から言えば、3年落ちの中古車でというのも理解できますが、クルマは趣味的な部分もありますので、必ずしもコスト面だけから購入を決めるのもどうかなと思います。
 ま、数年ようすを見てから買うか買わないか、考えることにしたいと思っています。
Posted by at 2010年08月14日 04:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。