2010年09月12日

ウォルトン社のランドバンキングは香港の会社を通じて

 乙は、Walton 社のランドバンキングに投資しています。
2006.8.7 http://otsu.seesaa.net/article/22025403.html
 先日、ウォルトン・ジャパンは、個人へのランドバンキングから撤退するというニュースがありました。
2010.6.8 http://otsu.seesaa.net/article/152567818.html
 これで日本在住者は一切ランドバンキングに投資できなくなるのかと残念に思いましたが、10月からは香港の会社を通じて投資できるようになるとのことです。その会社には、日本人がいますので、日本語で連絡できます。
 乙は、既存顧客ということで、今後も各種連絡がもらえるようですし、香港までいかなくても(日本国内で)追加投資などが行えるとのことでした。ちょっとホッとしました。
 このランドバンキングは、投資してからもう4年が経ちましたが、まだ最終的にどうなるか、わかりません。ということで、追加投資はしないで償還を待っています。
 うまくいったら、次を考えてもいいだろうと思っています。


posted by 乙 at 05:52| Comment(5) | TrackBack(0) | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
乙川様

本件のニュースソースを教えてください。
Posted by 札幌の不動産屋日記 at 2010年09月12日 15:15
札幌の不動産屋日記様
 ニュースソースは、乙あてに送られてきたメールです。その内容は、直接お見せできません。
 あしからず。
Posted by at 2010年09月12日 17:09
乙川様

私はWalton社の代理店をしていますが、Walton Japanの見解では、「10月以降に香港経由で日本人が申し込むと、本社でチェックされて契約できない。」とのことです。

しかし、香港でWaltonの代理店をしている者の見解では、「本社のチェックはない。」とのことです。

乙川様に「香港経由なら日本人でも契約できる。」とメールを送付したのは、どういう立場の人でしょうか?
Posted by 札幌の不動産屋日記 at 2010年09月12日 18:57
札幌の不動産屋日記様
 あまりくわしく書くと、個人が特定できてしまいます。その方と乙との信頼関係を壊したくないので、残念ながらお問い合わせにはお答えしないことにしようかと思います。ご了承ください。
 10月以降、新規に Walton 社のランドバンキングを申し込む人は香港までいかなければならないそうですが、既存顧客は、それとは別扱いだと聞いています。
 なお、その方の話を乙のことばでまとめ直すと、日本国内では、今後「Walton 社の代理店」が継続できないように思います。
Posted by at 2010年09月12日 21:09
乙川様

ニュースソースを明らかに出来ない情報はブログに掲載しない主義だと思っていましたので、失礼ながら、ご質問させていただきました。

できる範囲内でのご回答、ありがとうございました。

Walton Japanからの公式見解ではないということが良くわかりました。

Posted by 札幌の不動産屋日記 at 2010年09月13日 07:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。