2010年09月17日

政府・日銀の為替介入

 乙は、円高がさらにすすむものと思っていました。最近も、82円でドル買いの注文をしたばかりです。数ヶ月の内には買えるものと思って、発注してみたわけです。
 ところが、政府・日銀の6年半ぶりの為替介入があり、ドル/円は、85円程度になってしまいました。
 読みが外れた感じです。
 とはいえ、もう少し、このままでようすを見ようと思います。
 マスコミなどは「日本が単独で介入しても効果は限定的」などと報じていたし、それはもっともだと思うからです。
 半年くらいの内にドルが82円で買えればいいし、買えなくても、そのときはそのときで別のことを考えます。
 最近は、ドルも円も現金で保有している割合が高くなっていることから、「いつでも出動できる」感覚になっています。
 まあ、ねらいつつものんびり行きましょう。
2010.9.21 追記
 この話の続きを
http://otsu.seesaa.net/article/163279027.html
に書きました。
 よろしければご参照ください。

2010.9.23 追記
 この話の続きを
http://otsu.seesaa.net/article/163475681.html
に書きました。
 よろしければご参照ください。

2010.10.10 追記
 この話の続きを
http://otsu.seesaa.net/article/165214974.html
に書きました。
 よろしければご参照ください。


ラベル:円高 為替介入
posted by 乙 at 05:29| Comment(1) | TrackBack(0) | 投資関連の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もまったく同じです。
80円くらいまでは、じりじりと高値を更新していくものとばっかり思っていました。
多分マーケットの大勢もそうだったと思うので、不意打ちを食らわせ、効果を増大させたと言う点で、当局は見事だったと思います。
ただ、それでも効果がどれだけ続くか?は、ちょっと疑問ですけど。
Posted by mushoku2006 at 2010年09月17日 07:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。