2010年10月19日

Interactive Brokers では joint account 口座は作れない

 乙は、アメリカの Interactive Brokers に口座を持っていますが、もしも乙が死んだときに、けっこう手続きが複雑になることを考えて
2010.10.12 http://otsu.seesaa.net/article/165419441.html
2010.9.26 http://otsu.seesaa.net/article/163771032.html
口座の名義を joint account(合有)にしておこうかと思いました。
 これは、合有にすることで、一方が死亡したときに他方がすべての権利を執行できるという仕組みで、アメリカなどではごく一般的なことです。
 ところが、Interactive Brokers に尋ねたところ、現実的に、これが不可能であることがわかりました。
 第1に、そういう口座が可能であっても、そうなると、入金・出金する口座も合有口座でなければならなくなるとのことです。口座名義が厳密に一致しなければ、入金・出金はできないのだそうです。
 日本の金融機関には、そういう口座はありませんから、つまりは、日本の銀行からの入金・出金ができないということになります。となると、非常に使い勝手が悪くなります。
 第2に、乙の口座は、アメリカで直接開設したものなので、開設時には合有口座が可能であったのですが、すでに開設した単独名口座を合有口座に書き換えることはできないとのことです。
 第3に、新しく合有口座を作ろうとするとき、日本に居住する人は日本の Interactive Brokers 証券を通さないと口座開設ができないようになっています。ところが、日本の IB 証券は、合有口座を認めておらず、作成できません。日本の IB 証券をスキップして、直接アメリカの IB に口座開設することは、現在はできないとのことです。
 これらのことから、単独名義の口座しか持てないようになっています。
 これは困りました。
 いや、それどころか、乙は、香港の HSBC 香港の口座を、近い将来 joint account に変更しようと思っていたのですが、そうしたら、その時点で IB と HSBC 香港の間で入金も出金もできなくなってしまう可能性が高くなりました。
 いやはや、いやはやです。


posted by 乙 at 05:27| Comment(8) | TrackBack(0) | Interactive Brokers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
IBのJoint Accountを使っていますが、入金は新生銀行から問題無く行えています。

出金は同一名義の銀行口座でないと拒否されたので、HSBC香港に出金するしかなさそうです。
Posted by たろ at 2010年10月19日 13:43
たろ様
 何と! 新生銀行(の単独名口座)から joint account に入金が可能なのですか。
 IB の連絡担当者もいいかげんなことを言うものですね。
 joint account にすると、出金のほうが問題になりますが、……。
 一番安く海外送金する手は IB 利用ですからねえ。
Posted by at 2010年10月19日 14:25
> 乙は、香港の HSBC 香港の口座を、近い将来 joint account に変更しようと思っていたのですが、そうしたら、その時点で IB と HSBC 香港の間で入金も出金もできなくなってしまう可能性が高くなりました。

僕もIBにSingle口座を持っていますが、出入金はJoint口座の複数の銀行から行っています(うちひとつは米国国内行)。ご参考まで。
Posted by IB Guy at 2010年10月19日 16:47
IB Guy 様
 おや! 何と! そんなことが可能なのですか。
 IB に電話で聞いた話とはだいぶ違いますね。
 IB が単独名義で、他の銀行が合有の場合に、入金も出金もできるのですね。
 ならば、乙も、HSBC 香港の方は joint account にしてもよさそうです。
 現実に行っている方のコメントは、大助かりです。

 IB が合有口座の場合に、単独口座との入出金が
できないのかもしれませんね。
 しかし、この制限は緩めてほしいものです。
Posted by at 2010年10月19日 18:22
IBからの話はおいといて、現実にOKだった話を総合すると、
(1)IBのアカウントがSingleの場合
出入金ともにJointアカウントの銀行口座から可能。
(2)IBのアカウントがJointの場合
入金はSingleアカウントの銀行口座から可能だが、出金はJointアカウントの銀行口座に対してのみ可能。
ということでしょうか。
HSBC HKの件、万一うまくいかなかったら申し訳ない。
Posted by IB Guy at 2010年10月19日 21:26
IB Guy 様
 おまとめ、ありがとうございます。
 現実は、こういうことだったのですね。
 HSBC 香港の口座を joint account にするかどうかを考える上での大きな手がかりになる話でした。
Posted by at 2010年10月19日 22:27
いつも楽しく読ませていただいてます。
私もIBのジョイント口座(夫婦名義)を持っています。また入出金用として以下の銀行口座を持っています。すべてシングルです。

(1)米国・銀行シングル口座(夫名義)
(2)英系・銀行シングル口座(夫名義)
(3)新生銀行(夫名義)

現在までに実行したのは
(1)本口座に対するACHでの入出金
(2)IBからWireでの本口座への出金
(3)本口座から日本シティバンク銀行IB指定口座への入金

入金だけでなく、シングル口座への出金に関しても、今までのところなんの問題もなく実行できています。ご参考になりましたら幸いです。(IBが乙様にした話と違うのが不思議です・・)
Posted by KXI at 2010年10月28日 00:01
KXI 様
 何と、驚きのご報告でした。
 ジョイント口座からシングル口座への出金も全部可能なのですか。
 だとしたら、IB の口座をジョイント口座にしておくほうがいいですね。
 今から変更できないのが悔しいのですが、……。
 今後、機会があったら、変更したいと思います。
 IB の日本法人もいつ撤退するかわかりませんし(笑)……。
Posted by at 2010年10月28日 05:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。