2006年04月16日

森木亮(2005.2)『2008年 IMF 占領』光文社

 乙が読んだ本です。
 本の内容をひとことでいえば、2008年には日本が破産して、IMF が乗り込んでくるだろうということです。財政史の立場から日本破産について客観的に述べています。多くの国家破綻本が、だからどうしたらいいかということを書いているのに対して、森木氏は、破産は破滅ではないということで、日本人はむしろこれを甘受するべきだということを述べています。
 国債がまもなく暴落し、日本銀行が破産することになります。この道は、日本が過去にもたどった道であり、必然的にそうなるというわけです。こうなったのは、40年にもわたる政治家や官僚などの行動・判断の結果であり、今やどうしようもない状態になったと述べています。
 第6章では、小泉首相は偽改革者だと述べており、本来あるべき改革と違ったことをやってるということで、政治批判になっています。確かに政治が経済を左右しているのですね。
 この本の内容を素直に信じれば、今や、株の売買などをやっているときではないということになります。株安も円安も迫っているということですから、さっそく株を売って、海外に資産を移すしかないことになりそうです。
 ホントにそうするべきかどうか。乙は、まだ判断に迷っています。
 2008 年といえば、2年後ですが、まさか今から2年でこんな事態になるとはとうてい思えません。

【関連する記事】
posted by 乙 at 02:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資関連本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。