2010年11月13日

食糧危機は心配いらない

 乙がネットで見かけた記事ですが、川島 博之「食糧危機がまだ心配? 4つのリスクは杞憂に過ぎない」
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/4791
というものがあります。
 食糧危機は心配いらないという趣旨です。
 乙も、この見方に賛成します。
 「食糧安保」などという考え方をする人もいますが、石油のほぼ全量を輸入に頼っている国(日本)が食糧だけ何とかしてもどうしようもありません。
 TPP
2010.11.10 http://otsu.seesaa.net/article/168884793.html
に関しても、「日本の農業を破壊するのか!」などとヒステリックに叫ぶ人の気がしれません。むしろ、政治家にこう考える人が多いことが気になります。
 政治家には、日本がどうあるべきかを長期的視野で考える人があまりいないようで、残念に思います。
 そういう政治家を選んでいる国民の責任もありますが、そんなことを考えていると、一票の価値が不平等で、都市部が軽く扱われ、農村部が重視されていることがそもそもの原因なのかもしれないと思えてきました。
 急がば回れで、このあたりから改革しないと、日本はどうしようもなくなるのではないでしょうか。


ラベル:食糧危機 TPP
posted by 乙 at 04:37| Comment(5) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。乙様
私も乙様のお考えに賛同です。
悲しいかな現在の政治家は目先の選挙の事で頭が一杯で、長期的展望で国のビジョンを考えておられる方は非常に少数のように思います。
龍馬伝に登場する幕末の志士を見て、余計にその思いが募ります…(苦笑)
Posted by ともや at 2010年11月13日 14:20
まったく賛成です。
マスコミの報道は、困ると言う農家ばっかり取り上げて、生活費が安くなって助かると言う、大多数の消費者の声は殆ど無視ですからねえ・・・
ため息がでます。
Posted by mushoku2006 at 2010年11月13日 17:42
賛成です。でも、また民主党は個別所得補償とかむちゃくちゃな政策をするんでしょうね。。。自営業だろうが会社員だろうが、国が所得補償をしてくれるなんて聞いたことがないですよね。農業は大規模集約化、農地法の改正、株式会社の参入を認めないと変わらないような気がします。
Posted by ひんべえ at 2010年11月14日 20:01
ともや様・mushoku2006様・ひんべえ様
 政治家がどう行動するか、(何も行動しないか)よく見ていなければなりません。
 日本の未来を考えるような政治家が多数を占めるようにならないと、日本の展望は開けません。
 でも、現状を見ていると、悲観的にならざるを得ませんよねえ。
 困った、困った。
Posted by at 2010年11月15日 11:05
私の応援している議員さんはTPPへの参加に賛成のようです。
良かった、良かった(^^)
Posted by mushoku2006 at 2010年11月15日 21:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。