2006年04月24日

藤巻健史(2006.3)『藤巻健史の5年後にお金持ちになる「資産運用」入門』光文社

 乙が読んだ本です。題名に引かれて思わず買ってしまいました。
 内容は、品川女子学院という中高一貫校での金融講座に手を加えたものということで、非常にわかりやすくなっています。正直いうと、乙には、ちょっと物足りなかったという感じでした。金融のことを全然知らない人にはちょうどいいのかもしれませんが。
 この本で述べられていることは、藤巻氏の以前の著作にも見られるようなことで、今の金融マーケットの見方などは一貫しています(当然ですが。)今回は、pp.129-183 で生徒たちの作った 5000 万円の運用案に藤巻氏がコメントするところなどがおもしろいし、また、p.197 から語られる藤巻氏の今までの経歴(それぞれの転換点のところで何を考えたかなどが書かれています)などは興味深かったと思います。しかし、全体としては、新鮮みが少なく、買って損をした感じです。
 というわけで、本書はあまりお薦めできません。それよりは、前著
http://otsu.seesaa.net/article/16834359.html
を読みましょう。

【関連する記事】
posted by 乙 at 01:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 投資関連本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

藤巻健史の5年後にお金持ちになる「資産運用」入門
Excerpt: 藤巻健史の5年後にお金持ちになる「資産運用」入門
Weblog: 本の紹介ページ
Tracked: 2006-04-28 23:03
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。