2010年11月18日

クルマの買い換えをすすめられて

 乙のクルマにはハードディスク式のカーナビがついています。この地図がちょっと古くなってきたので、書き換えてもらおうと思いました。
 今のクルマは7年乗っていますが、購入してから3年後に一度地図の書き換えをしているので、それから4年経っていることになります。首都高速の中央環状線が開通したことなどがカーナビの地図に反映されていないと何かと不便です。
 で、ディーラーにクルマで行ったのですが、そのとき、クルマの買い換えをすすめられました。同じ車種でどうかという話です。今のクルマを下取りすれば 200 万円くらいで購入できるということで、ちょっと買い換えを考えてもいいかなと思いました。200 万円であれば、あちこちの銀行や証券会社に置いてあるキャッシュをかき集めれば、何とかなりそうな金額です。ディーラーには試乗車があったので、ちょっと試乗してみると、同じ車種とはいえ、いろいろ新しくなっており、乗り心地もよく、快適でした。さすがに新車です。
 しかし、乙は今乗っているクルマでも特に不満はなく、2万円ほどでカーナビの地図を書き換えれば、今のまま乗り続けてもいいのではないかと思いました。(来年はアナログテレビが見られなくなるので、再度、対応が必要になりますが。)
 クルマを買ったときには、目標として10年10万キロを乗ったら乗り換えようと思っていました。
 さて、どうするか。
 息子たちにも意見を求めると、同じ車種を乗り継ぐのはどうかということでした。次に乗り換えるなら、こんなクルマにしたいとか、ハイブリッド車で燃費を改善したいとか、何かねらいをはっきりさせるべきだということです。それもそうだと思いました。
 今回は、クルマの乗り換えは見送り、あと3年ほどしたら考えようかと思っています。ということは、今はハードディスクの地図の書き換えを依頼するということです。


ラベル:クルマ
posted by 乙 at 05:40| Comment(6) | TrackBack(0) | 消費生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
車は2年半ごとに買い換えるのが一番お得です。
 車検費用を使わないですむ
 中古店で高く買い取ってくれる
Posted by ぺこぽん at 2010年11月18日 08:27
ぺこぽん様
 クルマに関してはいろいろな考え方があると思います。
 しかし、「2年半ごとに買い換えるのが一番お得」ということはないように思います。
 この問題について、ちょっと考えてみます。
Posted by at 2010年11月18日 08:42
「車は2年半ごとに買い換えるのが一番お得です。」
というのは間違っていると思います。
仮に新車を購入し、エンジンを一度も回さないで、その場ですぐに「売りたい」と申し出たとすると査定額は新車価格の9割以下となるはずです。(新車で200万円なら、売値は180万円以下)
つまりマイホームも同様ですが、買った直後に1割以上も価値が低減するものを「2年半ごとに買い換え」する経済合理性が全く見当たりません。
車検費用(税金や自賠責保険料などをを含まない、純粋な点検に要する工賃)は新車価格の1割もかかるでしょうか。否です。
車に関しては、事故などで多大な修理費用がかからない限り「走らなくなるまで乗りつぶす」のが経済合理的であるはずです。普通は10年10万キロ以上、理想的には15年20万キロ以上です。
タマ数の多い(流通の多い)大衆車であれば中古部品を使い続ければ修理は安くすみます。
Posted by 気になりレスします at 2010年11月18日 11:05
こんにちは。乙様
私も来年の春に5年目の車検を迎える事になり、その時点で継続するか
乗り換えるか、一度考えてみる事になりそうです…(^^ゞ
輸入車なので、今後、経年による維持費が心配な点もありますので。
(次は国産車にしようと考えています。)
維持費だけで考えますと、軽自動車かコンパクトカーが良いのですが、
衝突事故等を考えますと…どうしても踏み切れない点があります。
悩ましいところです…(笑)
Posted by ともや at 2010年11月18日 12:03
2年半での買い替えは以下の2点の理由でお勧めしません。

1番目は車検費用がかからない代わりに購入するたびに諸費用がかかるためです。これは車両本体価格の10%強くらいであり、これは車検費用よりも高くつくケースがほとんどです。高年式ではあれば車検費用(含む減耗品取り換え)があまりかからないため、尚更です。

2番目は値落ちが大きいからです。車の市場価値は概ね6年間の定率法の減価償却に類似して買い取り(下取り)価格が下がっています。したがい1年間の値落ちを比較すると、最初の1年目が一番値落ちが大きく、以降2年目、3年目と値落ちが緩やかになっていきます。
つまり最初の30か月(2年間半)とはものすごく値落ちする期間であり、そのあと売却するとなれば、月あたりの償却負担が31か月〜60カ月の場合よりも割高になります。

中古店で高く買い取ってくれるとありますが、人気車、程度が良いなどの諸条件で多少の買い取り額がアップすることはありますが、基本的には値落ちの比率は大きいです。

基本的には、新車登録から10年近く?たって車検費用や点検・修理費用に大幅な増加が見込めるようにならない限りは継続して乗り続ける方が経済的です。

とはいえ、車は趣味の品物であるという側面も否めませんので、経済合理性だけではきめられませんよね。

そうであれば車の買い換えはそう頻繁にある機会ではありませんので、家族構成やライフスタイルの変化、興味関心のある技術やデザインなどを考慮のうえ、現在保有車にこだわらずタイプを決めた方がよいかと思います。

http://watanko.way-nifty.com/fundandcar/
Posted by WATANKO at 2010年11月19日 01:54
WATANKO 様
 コメント、ありがとうございます。
http://watanko.way-nifty.com/fundandcar/cat22410613/index.html
も拝見しました。
 おっしゃることに共感を覚えます。
 ひとつ、ねらい目なのは、ハイブリッド・ミニバンが売り出されたときにそれに乗り換えるということでしょうか。
 今のクルマの使用スタイルにあっており、さらに燃費が改善され、いいことづくめのような感じです。
Posted by at 2010年11月19日 05:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。