2010年11月20日

マネックス証券でのアメリカ国債の扱い

 乙は水瀬ケンイチさんのブログ「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー」で知りました。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1567.html
マネックス証券で米国債が買えるようになるという話です。
 さっそくサイト
http://www.monex.co.jp/AboutUs/00000000/guest/G800/new2010/news1011a.htm
を見てみると、やはり予想通り、手数料(見えないものも含む)が書いてありません。書いてないから「見えない」のですが。
 それどころか、「取引手数料 債券の買付・売却自体には取引手数料はかかりません(外貨建て債券の円貨決済には所定の為替手数料がかかります)」と書いてあって、手数料無料で買えるかのように書いてあります。(いや、それはある意味ではそうかもしれません。)
 しかし、手数料無料では、取扱金融機関の儲けがないわけで、それでは民間企業としてやっていけません。ここらあたりをもう少し丁寧に説明してほしいところです。
 なお、外国債券の手数料については、以前ブログ記事
2007.7.14 http://otsu.seesaa.net/article/47766706.html
でちょっと書いたことがあります。見えないようにして手数料がかかっているはずです。

参考記事:
http://nakatatarou.blog110.fc2.com/blog-entry-643.html
posted by 乙 at 05:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 債券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
個人投資家で売買スプレッドを調べた例がありました。少し古い事例もありますが。
http://t-note.info/archives/2008/08/17-1540/

http://nakatatarou.blog110.fc2.com/blog-category-5.html

2番目に紹介した方のブログ、外債のカテゴリーで2009/06/09 、03/17、02/24あたりの記事に書いてありますね。

私もイールドカーブなんかを参考に、円高のとき円MRF→外貨MMF、フラットカーブのあたりで外貨MMFを使って外債(殆どゼロクーポン債、ストリップス債、又はディスカウント債)を購入しています。
Posted by 外債マニア at 2010年11月20日 19:50
外債マニア様
 参考になるコメントをありがとうございました。
Posted by at 2010年11月21日 05:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/170002277
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック