2010年11月30日

年金先物オプション

 乙が橘玲氏のサイトを見ていたら、年金先物オプションの話が書いてありました。
http://www.tachibana-akira.com/2010/11/1277
 おもしろいアイディアです。
 これがあれば、年金が心配な人はしかるべきプットオプションを買えばいいということになるわけです。記事中にあるように「年金破綻保険」ということに相当します。
 問題は、このオプション(保険)の売り手です。橘氏は、「「100年安心」を約束した政治家や官僚たちが十分に賢ければ、この投資機会を見逃すはずがないからだ(彼らの約束どおり年金が破綻しなければ、オプションを売ってぼろ儲けできる)。」と述べていますが、さて、どうなんでしょう。
 乙は、オプションの売買はしたことがありませんが、「保険」と同様であれば、オプションの売り手は、破綻が起こったときに補償するべき金額をしかるべきところに預託しておかなければならないはずです。さもなければ単なる口約束になって、いざ、破綻したときに支払うべき金がないという事態になります。一人の年金分ということは、相当な金額(数千万円?)になりますが、それを用意できる政治家や官僚がいるのでしょうか。官僚は、いくら高給取りといっても、そんな金額をサッと用意できる人は限られているのではないでしょうか。政治家は、同時に会社を経営したりしていれば、そのくらいの金が工面できますかね。それにしても、なかなか大変です。本当にそんなことができるのでしょうか。
 もちろん、オプション料がいくらかにもよります。オプション料が十分に高ければ、何とか金を工面する人が出てくるのでしょう。しかし、その場合のオプション料はいくらくらいになるのでしょうか。10年で 1,000 万円とかになるのでしょうか。しかし、そうなると、今度はオプション料を払う側が、とても払えないということになりそうです。
 橘氏の話は話としておもしろいのですが、さて、実現の可能性は……。


posted by 乙 at 05:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 投資関連の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ。
この記事は僕も見ましたが、面白いなあと思いました。いつも橘さんは新しい視点を見せてくれます。
買い手は年金と同じように毎月小口で買えばいいのではないでしょうか?またそういうことができるように設計できたらいいかなと思います。
売り手も同様です。
また売り手は最初にプレミアムをもらえるので、それをある程度まで置いといて、プレミアムの価格が上昇すれば(いよいよ年金が破たんしそうになれば)それを使えばある程度はいけると思います。
また時間がたつにつれ時間価値が下がり、プレミアムも剥がれますので、それも売り手には有利になると思います。
ただおっしゃるように自分の資産の範囲内で売りを持つというのはその通りかもしれません。
Posted by かつ at 2010年12月01日 13:54
かつ様
 「小口の売買」はむずかしいでしょうね。
 取引をはじめたときには、申し込んだものの、その後、気が変わったとか、ぼけてしまったとか、破産してしまったとかいうとき、以前の約束が守られるかというと、むずかしいですね。
 「それに対応した現金を積んでおく」ならば、そういう問題が起こっても、管理者(仲介者)がきちんと対応できます。
 というわけで、小口の売買はしにくいだろうと思います。
 だからといって、まとまった金額が動くことになえると、これはこれで大変なわけです。
 ということを考えると、なぜ、こういうオプションが存在しないのか、その理由の一部がわかるように思います。
 一番大きな問題点は、オプション料の計算をどうするのかということですが。
Posted by at 2010年12月01日 14:45
初めまして

私も橘さんの記事は読みました。
それとは別にこんな記事もあります。
日本の「年金改革行き最終列車」はすでに出発した

http://diamond.jp/articles/-/5949

IMFのサイトは
The Last Train for Pension Reform Departs in

http://www.imf.org/external/pubs/ft/weo/2004/02/

もはや年金改革など夢なのでしょうかね(苦笑)
Posted by カルロス at 2010年12月01日 23:09
カルロス様
 お知らせ、ありがとうございました。
 確かに、年金問題は日本の大問題ですが、そう意識している人は少ないし、もう改革の時期を過ぎてしまって破綻への道を歩み始めているのかもしれません。
 乙も、そろそろ年金を意識する年齢になってきたので、今の年金制度がずっと続いてほしいと願うようになってきました。(それは不可能と、頭ではわかっているのですが、……。)
Posted by at 2010年12月02日 04:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。