2010年12月23日

ドーナーズチューズ

 乙が、さすがアメリカだなあと思った話です。
http://diamond.jp/articles/-/10548
 この記事によれば、アメリカにはドーナーズチューズという仕組みがあるというのです。
 寄付を行うときに一番気になるのが自分のお金がどういうことに使われるのかということです。
 ドーナーズチューズでは、寄付を求める側が、さまざまな詳しい資料を用意して、寄付をする側はそれらを眺めて比較して、ここぞというところに寄付できるわけです。
 日本でもこういう仕組みがあるといいですね。
 いや、その前に、日本に寄付の文化が根付くことが先でしょうか。このあたり、ニワトリとタマゴの関係のようで、ともかく第1歩を踏み出さなければなりません。


posted by 乙 at 04:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 消費生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。