2006年05月10日

雑誌「オール投資」徹底検証(1)2005/1/1-15 号

 日本株投資で、乙がいろいろ見た限りでは「オール投資」という雑誌が信頼できそうだと思いました。
http://otsu.seesaa.net/article/13120504.html
 さて、この雑誌はどれくらい信用できるのでしょうか。株価の上下の予想がきわめてむずかしいことはわかっていますが、いろいろな銘柄の株を並べて(特に買いを)推奨しているスタイルの雑誌ですから、その的中度について検証してみる必要があります。
 全部の銘柄があたっているということがなくても、もしも、「この号のこの特集が非常によい出来だ」ということがわかれば、次に、似たような特集をするときにその特集に従って株を買ってみればいい成績になるはずです。したがって、ある期間のすべての号を検証する必要があります。
 取り上げる号は、2005.1.1 からとします。1年以上前の雑誌の銘柄であれば、雑誌の発売日に雑誌の記事に基づいて株を買ったとして、それがどうなったかを今の時点で判断することができます。数ヶ月前の雑誌では、投資期間が短すぎてはっきりした判断を示すことができません。
 乙は、こんなふうに1年前の雑誌を今見直してみることが大好きです。いわばタイムマシンに乗って1年前に戻るような感じです。(タイムマシンがあれば、誰でも株で大儲けできるのは当然ですよね。)
 ちなみに、単行本などでも同様です。株式評論家は世の中にたくさんいますが、その人が本当に信頼できるかどうかは、簡単にわかります。その人の発言を記録しておいて、1年後(あるいは数年後)に、本当にそうなったかどうかを検証してみればいいのです。乙は、そういう作業が大好きです。
 オール投資の当該号で取り上げられていた全銘柄を載せますが、結果を一度にここに示すのは長すぎるので、何回か分割して掲載します。また、全銘柄では多すぎる場合は、一部に絞って調べます。あくまで傾向が把握できれば充分ですから。
 銘柄は、コード番号だけ載せます。また、その直前に○×=?の判断を載せますが、これは、ある一定の判断でこの株を売却することになった場合、利益が出るか、損失が出るかで記号を付けています。たとえば、1割下がったら損切りする、2割上がったら利益確定するというような運用方法を念頭においています。また、何ヶ月も株価の上下がなかったら、「=」の判断をしています。毎月2回出る雑誌で、株を購入して何ヶ月も値動きがないというのは、乙の感覚では失敗銘柄です。それなら、数ヶ月後に記事を掲載すればいいのですから。

☆2005/1/1-15 号(2004/12/20発売)
注目株
○6897 上がり続ける
○9738 上がり続ける
○4970 上がり続ける
○4666 上がり続ける

2005年の大バケ候補株 Best 80
順張りのコース
×7581 下がり続ける
×2902 下がり続ける
=4007 鳴かず飛ばず
×3116 下がり続ける
=5401 7月まで鳴かず飛ばず
○4849 上がり続ける
=9684 鳴かず飛ばず
=9984 8月まで下がり気味で鳴かず飛ばず、その後上昇
×7210 5月まで下げ続ける
=1729 7月まで鳴かず飛ばず
○9689 ゆっくりあがり続ける
=4527 6月まで鳴かず飛ばず、その後上昇
=8258 7月まで鳴かず飛ばず、その後上昇
○2819 上がり続ける
○5727 上がり続ける
逆張りのコース
○9880 ゆっくりあがり続ける
○6405 ゆっくりあがり続ける
=7498 9月まで鳴かず飛ばず
○3003 ゆっくりあがり続ける
○8803 ゆっくりあがり続ける
○4741 あがるが、その後下がる局面もあった
○6507 ゆっくりあがり続ける
○7260 3月のピーク後、下がっていく
=7616 7月まで鳴かず飛ばず、その後上昇
欲張りのコース
×4759 全然ダメ。
3102
×8268 6月まで下がり続ける
?3010 上がったり下がったり
○3403 上がり続ける
○8701 上がり続ける

 というわけで、この号では、注目株4銘柄があたりでした。また、「順張り」があまりうまく行かず、むしろ「逆張り」がうまく行くことがわかりました。ただし、成績はOKですが、上昇率が大したことないのが多いように思います。
【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。