2011年01月05日

クレジットカードを使った裏技的融資

 乙のところに、ダイレクト電子メールがきました。迷惑メールですが、「クレジットカードを使った裏技的融資」と書いてありました。普通は、こういうのは迷惑メールとして別扱いされ、受信されないのですが、どういうわけか、手元に届きました。
 「全国対応 即日振込 来店不要 審査不要」ということで、全国どこでも即日キャッシュバックするそうです。
 もちろん、乙自身がこんなものに申し込むつもりはありませんが、そこに書いてある手数料がずいぶん高いので驚きました。
 手数料は、買い物をしたことにする金額の何%が融資されるかで表されていました。
 「10万円まで 80%〜、11万〜30万 81%〜、31万〜50万 82%〜、51万〜70万 83%、71万〜100万 85%〜」とありました。「10万円まで 80%〜」というところで、最後に「〜」が付いているのも微妙です。10万円までの融資で 80% とは断定していないのです。普通は、「80%〜」という書き方だと、「80%以上」というように読めますが、「80%以下」かもしれません。おそらくそう読むべきで、もっとも多く融資してくれる場合で 80% なのでしょう。資金繰りに困って、藁をもつかもうとする人なら、これが 75% とか、70% とかいわれても、OKと言ってしまいそうです。
 仮に 80% としましょう。クレジットカードを使ってから、銀行口座から引き落とされるまで、最長で2ヵ月です。2ヵ月で 20% という手数料は大変な暴利です。1年経てば、1.2^6=2.986 ですから、約 200% の金利ということになります。
 誰が手を出すのだろうと思いますが、誰かが手を出すから、こういう業者も営業していけるのですね。
posted by 乙 at 05:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
運営サイドからすれば、カード会社から一括で売り上げ(融資額)が回収できるので貸し倒れがないですし、資金が複利で回っていくので加速的に儲かるでしょうね(お客さんさえいればですが)

借りる側はショッピング枠の現金化なので、クレジット枠よりも審査がゆるく、総量規制で消費者金融で借りれない人たちに需要がありそうです

ただ、クレジット会社がこういった現金化商法に対して支払いを拒絶しているようなので業者もそう簡単には儲けることはできなくなってきているようです
Posted by k_invest at 2011年01月05日 07:26
k_invest 様
 このしくみが機能すると、もうかるのは融資業者です。そのもうけがどこから出ているかといえば、「融資」を申し込んだ人(銀行口座からクレジットカード利用額が引き落とせた場合)とクレジット会社(銀行口座からクレジットカード利用額が引き落とせない場合)ですね。
 クレジット会社の対策も必要でしょうね。
Posted by at 2011年01月05日 11:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/178577407
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック